【スーパーバイザー/マネージャー向け 活用イメージ①】 リスクを素早くキャッチしたい

問題点 問題点

コンプライアンス管理の観点で、言ってはいけない『NGワード』のチェックは非常に大切なものになります。しかし、スーパーバイザーが耳で聴いて確認するような、従来のモニタリング方法で『NGワード』をチェックするには、多くの手間がかかります。

解決策 解決策

ForeSight Voice Miningは、コンプライアンスリスクの低減や、 業務上言ってはいけない言葉のチェックにより、クレーム対応などのトラブル削減を実現します。

オペレーターがキーワード(NGワード・口癖等)を発話したタイミングで、スーパーバイザー・管理者にアラートすることで、問題(リスク)を早期発見できます。
通話内容をテキストで遡って確認することで、問題の内容把握にかかる時間を削減できるため、より迅速な対応が可能になります。

【スーパーバイザー/マネージャー向け 活用イメージ②】 オペレーター評価を公平に行いたい

問題点 問題点

オペレーターを定着させるためには、オペレーターのモチベーションが低下させない、公平で適切な評価が重要です。しかし、通話音声を聴いて内容を確認するような、従来の評価方法では、以下のような問題が発生します。

たまたま悪い/良い評価など、評価が数通話に左右されます。
評価者の主観によって評価が左右されます。
解決策 解決策

ForeSight Voice Miningでは、全通話を対象にトークスクリプト準拠率をはじめ、各指標値をオペレーターごとに比較ができます。応対品質評価をForeSight Voice Miningで客観的に判断できるようになることで、公正な評価と、納得感のあるフィードバックが可能になります。

オペレーター向け

オペレーター向け

活用イメージはこちら >

ForeSight Voice Miningに関するお問い合わせはお気軽に

ソリューション・製品一覧へ