事業領域

NTTテクノクロスの事業領域は、システム開発事業、CX事業、DX事業、セキュリティ事業、EX事業など、多岐に渡ります。

私たちは、NTT研究所が生み出す研究成果をコアテクノロジーに据え、AI、クラウド、セキュリティ、コミュニケーション、メディアなどの技術分野のノウハウを蓄積することで、お客様に最適なソリューションを提案します。

お客様の真の課題をともに追究し、コンサルティングから設計、システム開発、運用・保守までをトータルでサポートします。

変化の激しい社会環境に適応していくため、CX(Customer Experience)、DX(Digital Transformation)、セキュリティ、EX(Employee Experience)/ Remote Worldといった分野へ向けて、お客様とともに新たな価値創造を推し進め、「みらい」へつながる価値あるソリューションを世の中へ広げていきます。

注力分野

NTTテクノクロスは、CX、EX、メディカルICT、食農ICTを注力分野と位置付けています。

私たちは、CX、EX、メディカルICT、食農ICTを注力分野と位置付け、価値あるサービスを創造するとともに、NTTグループの次世代コミュニケーション基盤構想"IOWN(Innovative Optical and Wireless Network)"の実現にも貢献します。

IOWN構想では、革新的な技術により、超高速かつ大容量のデータ通信を可能とし、従来のネットワークや情報処理技術では実現しえなかった未知の領域のサービスを提供できるようになります。

私たちは、NTT研究所やNTTグループ企業とともに、IOWN構想の実現に向けて技術貢献とサービス開発・提供を進めて、多彩なフィールドで「みらい」を描いていきます。

IOWN構想への貢献

IOWN構想の実現に向けて、NTTテクノクロスの強みを活かし、特に4Dデジタル基盤、メディカルICT基盤、リモートワールド基盤の推進に貢献しています。

IOWN構想の実現に向けて、NTTテクノクロスが何をしていくのかを表した図。NTTテクノクロスは、IOWN構想を実現するために、2つのレイアで貢献しています。
1つ目はIOWN基盤を支える技術開発です。NTT研究所が生み出すメディア処理、AI、セキュリティ、ネットワーク、デバイス制御において、商用実装や導入、運用保守を支援します。技術を事例に転換するお手伝いをしています。
2つ目はIOWN基盤上で社会問題を解決する新たなソリューションの創出活動です。デザイン思考やIOWN基盤で活用される技術を活かし、人流予測、食農ICT、スマートインフラ、EX、メディカルICTといった社会問題を解決する新たなソリューションの創出を行っていきます。

NTTグループは新たな世界を実現する 次世代コミュニケーション基盤としてIOWN構想(アイオン:Innovative Optical and Wireless Network)を提案、これまでの情報通信システムを変革し、現状のICT技術の限界を超える新たな情報通信基盤の実現に向けて取り組んでいます。

IOWN構想について詳しく知りたい方は「IOWN構想とは? その社会的背景と目的|NTT R&D Website(外部サイトに遷移します)」をご覧ください。