顧客とのコミュニケーションの
テレワーク化

働き方改革やBCP(事業継続計画)の観点からテレワークを導入する企業が増加しています。しかしテレワーク実施の障壁になるのが「紙」。特にお客様へお渡している請求書や報告書などは出社が必要になるだけではなく、紙代・封筒代・郵送代などのコストもかかります。これらの顧客とのコミュニケーションを電子化することで、テレワーク化を促進できるだけでなく、コスト削減や利便性の向上による顧客満足度の向上にもつながります。

“ポイント機能”で競合他社と「差別化」

お客様との絆を深め、顧客流出を防ぐ

例えばこんなことができます

“ポイント機能”で競合他社と「差別化」

Web配信で印刷、封入作業が不要に!

紙の請求書では、印刷・封入・切手の貼付など、出社しなければできない作業がありました。MarketingAuthorityの電子請求書の配信をご利用すれば請求情報をアップロードしていただくとPDFの請求書をお客様のマイページからダウンロード可能となります。これでテレワークもバッチリ。

“セグメント機能”で「個客化」

過去の請求書もいつでも確認可能!

従来の請求書発行システムではメールのダウンロードに期限があり、過去の請求書を再表示することができませんでした。MarketingAuthorityでは、マイページにログインすればいつでも過去の請求書も確認できます。「1年前の請求金額を知りたいのですが」といった問い合わせの削減が期待できます。

“コミュニケーション機能”で「優良顧客化」

ファイルストレージでお客様とセキュアなファイル共有が可能!!

MarketingAuthorityでは、Box(※)と連携することで、お客様毎にファイルストレージを作成可能。これを利用することで、請求書以外の電子ファイルをお客様に配信できるだけでなく、お客様からの証明書のアップロード等でセキュアにファイルの受け取りが可能になります。
(※)Boxは、Box社(https://www.box.com/ja-jp/home)が提供するクラウドサービスです。

機能はこちらをご覧ください。

サービスプラン

お客様環境にあわせて
クラウド版、オンプレミス版からお選びいただけます

比較項目クラウド版オンプレミス版
導入方法 サーバーはNTTテクノクロスが準備 お持ちのサーバーにインストール
コスト 月単位のお支払い
※顧客データ数に応じて料金が変わります
売り切り
※顧客データ数が増えても料金は変わりません
顧客データ保持数 30万ユーザーまで可能 500万ユーザーまで可能
カスタマイズ カスタマイズ不可 カスタマイズ可能
外部からのアクセス インターネット環境があればすぐに使える VPNなど外部アクセス環境があれば使える

導入前・導入後も安心

  • でも、一度にいろんな機能を 導入すると使いこなせるか心配?

    一度にいろんな機能を
    使いこなせるか心配…。

    ご希望の仕様でスタートし、機能を段階的に追加することも可能。顧客情報も容易に拡張できます。

  • でも、予算が不安?

    やっぱり
    導入費用は高い?

    オンプレミスとクラウドを取り入れた柔軟な料金体系により、予算に合わせて始めることができます。

  • でも、困った時に 相談にのってほしい?

    困った時には
    助けてほしい!

    導入前・導入後のどちらのシーンにも、NTTテクノクロスによる安定したサポート体制があります。

サポート

ソリューション・製品一覧へ