CTBASE/Intelligent Routerとは

お客様の音声をAIが理解し、目的に合致した最適なオペレーターへの自動振り分けを実現します。
また、高度なディープラーニング(機械学習)によってコールフロー変更の時間や手間を軽減し、問合せ内容に応じた精度の高い振り分けが可能です。

コールセンター運営のよくある課題

一般的なIVRでは、長い音声ガイダンスを聞いた上でのボタン操作が必要となるため、お客様のストレスが高い傾向にあります。
また、改善に向けてコールフローを再設計したり、事前の辞書やキーワード登録には、管理者の手間や時間がかかってしまうケースも。
それらを解決するべく対話エンジンを搭載した音声認識IVRを導入する場合でも、既存の環境に適用できずに膨大な費用が発生するなど、導入障壁が高くなってしまうという難点を抱えています。

  • !よくある課題1

    長い音声ガイダンスでお客様の不満が増大

    長い音声ガイダンスで
    お客様の不満が増大

  • !よくある課題2

    コールフローの再設計がコスト増に

    コールフローの再設計には
    手間や時間がかかる

  • !よくある課題3

    大掛かりな投資が困難

    大掛かりな投資が困難

CTBASE/Intelligent Routerが 解決します

特長

声で伝えるだけで「すぐにつながる」

話すだけで
「すぐにつながる」

「料金が知りたい」など、お客様の自然発話を理解するAIによって最適なオペレーターに自動振り分け。煩雑なボタン操作や長いガイダンスを聞く必要がなくなり、IVR応対でのお客様の不満を軽減します。

AIによる機械学習で柔軟な対応が可能

機械学習による手軽な初期導入

機械学習を採用しており、従来のプログラミングによるコールフローの設定から最適化にかかる負担を最小化。新たに分岐を追加・変更した際にも対応しやすい柔軟なコールセンター運営を支援します。

既存設備を活かした低コスト導入

既存設備を活かした
低コスト導入

PBXやIVRなど既設のコールセンター設備はそのままに、音声による自動振り分け機能だけを付加することが可能です。従来の業務を継続しながら手軽にトライアルを行うことができ、お客様の環境に合わせて最適な組み合わせをご提案。音声認識エンジンも柔軟に選択できるため、多言語対応も含めた環境づくりにお役立ていただけます。

構成イメージ

導入の流れ

ヒアリングから最短2ヶ月で導入が可能です。
窓口業務の複雑さにより、導入期間や導入の仕様が異なるため、詳しくはお問い合わせください。

価格

ご利用機能やご利用席数に応じて、ご提供価格が変動いたしますのでお問い合わせください。

よくある質問

QAIの応対品質が心配です
Aデータの蓄積が不十分な場合、複雑な自然発話を理解できない、誤った窓口に転送してしまうなどの不具合が発生します。それらを解消するため、事前のデータ蓄積を十分に行う、初期導入時は従来型のIVRと平行で試用しディープラーニング用のデータを蓄積するなど、柔軟な対応が可能です。詳しくはお問い合わせください。
QAIの応対履歴をテキストデータで保存することは可能ですか?
A可能です。

CTBASE製品/ソリューション

CTBASEとは、NTTテクノクロスの豊富な経験・ノウハウを生かしたコールセンター向けソリューション群です。
詳しくは各ソリューションのページをご覧ください。

*「corevo®」は日本電信電話株式会社の商標です。(http://www.ntt.co.jp/corevo/
*「SpeechRec」「CTBASE」はNTTテクノクロス株式会社の登録商標です。
*記載されている商品名・会社名などの固有名詞は一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。