つながらないを解消!自動振り分け、コールバックシステムとは? 無料ホワイトペーパーダウンロード

CTBASE/Intelligent Routerとは

お客様の自然発話からAIが用件を判断し、目的に合致した最適なオペレーターへの自動振り分けを実現します。
また、高度なディープラーニング(機械学習)によってコールフロー変更の時間や手間を軽減し、問合せ内容に応じた精度の高い振り分けが可能です。



コールセンター運営のよくある課題

従来のIVRでは、長い音声ガイダンスを聞いた上でのボタン操作が必要となるため、お客様のストレスが高い傾向にあります。
また、お客様へ多様なサービスを届けるため、チャットボットやWebなど、マルチチャネル化を推進するセンターも増えてきています。
しかし、用件が解決できず、結局は電話をしてくるケースも後を絶ちません。
これらお客様のストレスを軽減するべく、AIや音声認識を使って解決方法を考えたいが、センターごとに業務や規模も異なり、費用対効果が不透明のため、検討を前に進めることが難しいという思いを経営・管理者は抱えています。

  • !よくある課題1

    長い音声ガイダンスで
    お客様の不満が増大

  • !よくある課題2

    コールリーズンに応じたチャネルの振り分けができていない

  • !よくある課題3

    AIや音声認識導入の
    ハードルは高そう

CTBASE/Intelligent Routerが 解決します

特長

話すだけで
「すぐにつながる」

「料金が知りたい」など、お客様の自然発話からAIが用件を判断して最適なオペレーターに自動振り分け。煩雑なボタン操作や長いガイダンスを聞く必要がなくなり、IVR応対でのお客様の不満を軽減します。

緊急度や優先度に合わせた適切で迅速な振り分け

お客様の用件に応じて有人窓口につなぐことはもちろん、用件によってはチャットボットやWebサイトへも振り分けします。有人/無人(自動応答)を総合的にみて適切な振り分け判断をすることで、効率的なコールセンター運営を支援します。

コールバック
運用支援ソリューション

豊富なノウハウで
効果検証や運用サポートを支援

音声認識システムやAIを円滑に利用するためには、事前の効果検証が重要です。
お客様毎の環境に合わせて、従来の業務を継続しながらでもまずはスモールスタートでトライアルを行える最適な仕組みをご提案いたします。

構成イメージ

導入の流れ

ヒアリングから最短2ヶ月で導入が可能です。
窓口業務の複雑さにより、導入期間や導入の仕様が異なるため、詳しくはお問い合わせください。

価格

ご利用機能やご利用席数に応じて、ご提供価格が変動いたしますのでお問い合わせください。

よくある質問

QAIの応対品質が心配です
Aデータの蓄積が不十分な場合、複雑な自然発話を理解できない、誤った窓口に転送してしまうなどの不具合が発生します。それらを解消するため、事前のデータ蓄積を十分に行う、初期導入時は従来型のIVRと平行で試用しディープラーニング用のデータを蓄積するなど、柔軟な対応が可能です。詳しくはお問い合わせください。
QAIの応対履歴をテキストデータで保存することは可能ですか?
A可能です。

CTBASE製品/ソリューション

CTBASEとは、NTTテクノクロスの豊富な経験・ノウハウを生かしたコールセンター向けソリューション群です。
詳しくは各ソリューションのページをご覧ください。

*「corevo®」は日本電信電話株式会社の商標です。(https://group.ntt/jp/corevo/
*「SpeechRec」「CTBASE」はNTTテクノクロス株式会社の登録商標です。
*記載されている商品名・会社名などの固有名詞は一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。