iDoperation SCの製品構成

動画の保管場所によって製品タイプが分かれます。動画データを記録対象のコンピュータ自身に保管するスタンドアロン版(以下、ST版)と、NASに送って保管するNAS 版、iDoperation SC Serverに送って保管するエンタープライズ版(以下、EN版)の3つの製品タイプがあります。

スタンドアロン版
NAS版
エンタープライズ版
スタンドアロン版 NAS版 エンタープライズ版
動画を記録対象のPC/Serverに保存 動画をNASに保存 動画をSC Serverに保存
小規模利用向け 小・中規模利用向け 中・大規模利用向け
SC Serverとの通信が不要 NASとの通信が必要 SC Serverとの通信が必要
NAS、SC Server(Windows Server、SQL Server)が不要 SC Server(Windows Server、SQL Server)が不要 SC Server(Windows Server、SQL Server)が必要
パッケージ版(DVD メディア納品)
パッケージ版(ダウンロード納品)
パッケージ版(DVD メディア納品)
パッケージ版(ダウンロード納品)
パッケージ版(DVD メディア納品)
パッケージ版(ダウンロード納品)
AMI(Amazon Machine Image)版
アプライアンスサーバ版

iDoperation SCの機能一覧

製品タイプにより、利用できる機能が異なります。

機能 ST版 NS版 EN版
記録 動画 PCやサーバの画面操作を動画で記録します。トリガー録画※や指定ユーザ録画に対応します。
テキスト ユーザ操作(キー入力、プロセス起動、ウィンドウタイトル、USB 抜き差し)をテキストログで記録します。 × ×
保存 SC Agentが記録した動画を、保存先として対応しているストレージに保存します。 Local
Disk
NAS、
Local
Disk
SC
Server/
Amazon
S3
点検 動画点検 日付、ユーザ名、コンピュータ名などのキーワードから動画を検索し、検索結果から確認したい時間帯の操作を再生します。
操作点検 日付、ユーザ名、ユーザ操作(キー入力、プロセス起動、ウィンドウタイトル、USB抜き差し)などのキーワードから操作ログを検索し、検索結果から、該当する操作の頭出し再生が行えます。 × ×
通知 事前に設定したユーザ操作を検知し、メールで通知します。 × ×
連携 他のログ記録製品が記録したテキスト形式の操作ログを取り込み、取り込んだ操作ログを検索インデックスにして、動画の頭出し再生を行えます。 × ×
運用管理 多要素認証、録画エージェントのオン/オフ設定、リソース表示が行えます。 × ×
MAC用の録画エージェントは、トリガー録画と、テキストの操作ログに対応していません。

提供方法

iDoperation SCの提供方法には、パッケージ版、AMI(Amazon Machine Image)版、アプライアンスサーバ版の3種類があります。お客様の環境やご要件に応じて、3種類の中からお選びいただけます。(アプライアンスサーバ版は、iDoperation ver3.1からご利用いただけます。)

提供方法 ST版 NS版 EN版
パッケージ版 iDoperation SCソフトウェア(インストーラ)を提供します。電子データでの納品となり、納品物のダウンロードURLをメールで送付します。
ご希望の方には、DVDメディア納品にも対応します。
AMI(Amazon
Machine Image)版
iDoperation SCソフトウェアをEC2にプレインストールした状態で提供します。 × ×
アプライアンスサーバ版 iDoperation SCソフトウェアをサーバ機にプレインストールした状態で提供します。 × ×