iDoperation Version 2.3 特権ID管理の課題はこれひとつですべて解決!!

特権IDの適正な管理は、
企業が取り組むべき重要課題です

Administrator/rootなどの特権IDは、システム上で特別な権限が付与されたアカウントです。

特権IDの不正使用や、特権IDを狙ったサイバー攻撃による情報漏えい事故が多発している今、特権IDの適正な管理は、企業が取り組まなくてはならない重要な課題となっています。

また、内部統制や監査の視点においても、フルコントロールを有する「特権IDを」「誰が」「使うのか」しっかりと管理することが大切です。しかし、実際の運用では、特権IDを、「誰でも使えてしまう状態」や「誰が利用しているか確認できない状態」になっているケースが多くみられます。

iDoperationは、このような特権IDに関わる課題をすべて解決します


iDoperationは 特権IDの安全な利用とリスクの可視化を支援します

今や特権IDの管理は、企業が取り組まなければならない重要な課題です。
iDoperationは、特権IDの適正な貸出から、問題発見までを自動化し、
安全・安心で効率的なIT運用環境を実現します。

SECURITY

セキュリティ

特権ユーザによる不正の抑止と、近年大きな脅威となっている標的型サイバー攻撃への対策を支援します。

GOVERNACE

ガバナンス

内部統制、J-SOX監査などの統制強化や、FISC安全対策基準、PCI DSSなどのガイドライン対応を支援します。

COST REDUCTION

コスト削減

働き方改革や運用の外部委託に注目が集まっています。情報システム部門の稼働削減や管理業務のアウトソースの実現を支援します。


iDoperationでできること

Administratorやrootなどの「特権IDを」「誰が」「使うのか」を適正に管理する製品です。

管 理

「特権ID」を
誰が使えるのか
しっかりと管理する

利 用

承認に基づき
「特権ID」を一時的に
貸し出す

点 検

アクセスログと操作ログを
記録して、定期的に「特権ID」の利用を点検する


iDoperationの実績

シェアNo.1の特権ID管理ツールとして多くのお客様にご導入いただいております

6年連続 No.1

出典:富士キメラ総研
「2014~2019ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」(2013年度~2018年度)

No.1
市場シェア 30.2%

出典:富士キメラ総研
「2019ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」(2018年度・金額)


iDoperationの導入事例

iDoperationを導入いただいている企業様の事例をご紹介します。

最新事例
DXを支えるセキュリティ基盤として、特権ID管理が必要だった理由とは
三井不動産株式会社様
ヤマハ発動機は、クラウド化したサーバの「特権ID管理」をどう刷新したか?
ヤマハ発動機株式会社様
宮城の医療を影で支えるMMWIN、なぜ「仮想の防犯カメラ」を導入したか
一般社団法人みやぎ医療福祉情報ネット
ワーク協議会様

検討したい

検討したい

製品に関するお問い合わせ・詳しい資料の請求はフォームからお気軽に。

資料を請求する

試したい

試したい

導入メリットを実感できる評価版(無料)を、ぜひともご活用ください。

評価版を申し込む

価格を知りたい

価格を知りたい

必要事項をご入力いただくだけで、最適なプランをお見積いたします。

見積りを依頼する

購入したい

購入したい

お近くのiDoperation販売代理店は、こちらからお探しいただけます。

販売代理店を探す

学びたい

学びたい

セミナー/イベントへのご参加をお考えの方はこちらをご覧ください。

セミナーに参加する

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ

03-5782-7261

(受付時間:平日 9:30〜17:30)

ソリューション・製品一覧へ