特権IDとは

特権IDとは、Windows の Administrator や、Linuxの root に代表されるシステムメンテナンスなどにおいて使用される高権限のIDです。特権IDを使用する人間が悪意を持った場合や、悪意を持った人間に特権IDが奪われた場合に、システム上の各種防御策が無効となる可能性が高く、厳格な管理が必要になります。

  • 特権IDと一般IDの違い

ID管理には、「特権ID」と「一般ID」の2つの種類があります。「特権ID」と「一般ID」は、IDの権限とライフサイクルが異なるため、別の管理手法で管理されます。

特権ID

システムのメンテナンスなどで使用する高権限のID。
Windows の Administrator などに代表される、フルコントロールを持った共有IDを、必要な時に一時的に使わせる。

一般ID

ユーザ個人に割り当てられた、業務で使用する個人ID。
入社時に1人に1ID作成し、必要な権限を割り当て、退職時に削除する。


特権ID管理とは

各種法令・ガイドライン対応では、「特権IDを」「誰が」「使うのか」を適正に管理することが求められます。特権IDを適正に管理するためには、Level1:特権ID の管理、Level2:特権ID の貸出、Level3:特権ID の利用点検の3つの管理運用を行う必要があります。

特権ID管理とは、「特権IDを」「誰が」「使うのか」の管理です。

特権ID管理とは、「特権IDを」「誰が」「使うのか」の管理です。

特権ID管理のよくある課題

特権ID管理運用を実施するには、手間と時間がかかるため、運用の形骸化や管理レベルの低下につながることがあります。
iDoperationは、特権ID管理運用に関わる課題をすべて解決します。

課 題 管 理

  • 特権IDや、特権ユーザの棚卸が正確にできておらず、特権IDを誰が利用できるか把握できていない
  • パスワード変更や、IDの突合せ点検がルールに沿ってできていない

課 題 利 用

  • 特権IDを貸出す際のパスワード通知や、使用後のパスワード変更、夜間や急なトラブル時の承認など、管理者の負担が大きい
  • 社内からのアクセスに加え、社外からのアクセス、クラウドへのアクセスなどアクセス経路を限定できない環境での特権アクセスをコントロールできない

課 題 点 検

  • いつ、誰が、どの特権IDを、何の目的で利用したか利用の点検ができない
  • アクセスログと申請情報の突合せ点検に手間と時間がかかる。また、不正な特権アクセスの操作内容が確認できない

iDoperationでできること

iDoperationは、Administratorやrootなどの「特権IDを」「誰が」「使うのか」を適正に管理する特権ID管理ツールで、特権ID管理に関わる課題をすべて解決します。5年連続、シェアNo.1の特権ID管理ツール(※)として多くのお客様にご利用いただいております。

(※)富士キメラ総研「2014~2018ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」<2013年度~2017年度>

管 理

「特権ID」を
誰が使えるのか
しっかりと管理する

利 用

承認に基づき
「特権ID」を一時的に
貸し出す

点 検

アクセスログと操作ログを
記録して、定期的に「特権ID」の利用を点検する


iDoperationを使った、特権IDの運用イメージ

iDoperationは、特権ID管理で求められる3つの管理運用、Level1:特権IDの管理、Level2:特権IDの貸出、Level3:特権IDの利用点検に対応します。

iDoperationを使った、特権IDの運用イメージ

Level1: 特権IDの管理 :特権ID・特権ユーザ・権限を管理し、利用申請と利用承認に基づき特権ユーザに権限を付与します。

Level2: 特権IDの貸出 :利用申請と利用承認に基づき特権ユーザに特権IDを自動貸出します。パスワードを秘匿しサーバへアクセスできます。

Level3: 特権IDの利用点検 :アクセスログと操作ログを自動で収集し、特権IDの利用点検が行えます。

検討したい

検討したい

製品に関するお問い合わせ・詳しい資料の請求はフォームからお気軽に。

資料を請求する

試したい

試したい

導入メリットを実感できる評価版(無料)を、ぜひともご活用ください。

評価版を申し込む

価格を知りたい

価格を知りたい

必要事項をご入力いただくだけで、最適なプランをお見積いたします。

見積りを依頼する

購入したい

購入したい

お近くのiDoperation販売代理店は、こちらからお探しいただけます。

販売代理店を探す

学びたい

学びたい

セミナー/イベントへのご参加をお考えの方はこちらをご覧ください。

セミナーに参加する

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ

03-5782-7261

(受付時間:平日 9:30〜17:30)

ソリューション・製品一覧へ