製品バナー画像

ワークスタイル変革支援ソリューション

なぜ、いま、働き方改革、ワークスタイル変革が求められているのでしょうか?

現在の日本の働き方からみる、働き方改革、ワークスタイル変革の必要性と取り組むメリットを企業視点・従業員視点でとらえます。



日本の労働生産人口は減少し続け、出産・育児に加え、近年では介護・看護による離職も増加しています。 企業では、人材の確保が重要なテーマとなっています。


労働人口の変化

労働者の中では、「働くこと」に物質的な豊かさだけではなく、精神的な豊かさをも求める人が増えています。

このように環境が変化し、会社で長時間働くことよりも、いかに効率的に働くことができるのかが求められる時代になりました。 にも関わらず、日本の多くの企業では旧来の働き方だけが取り残され、現実とのギャップ、違和感が増大しています。

このようなギャップを解消するための1つのカタチに、ICTを活用した「テレワーク」があります。


【テレワークとは】

テレワーク(在宅勤務)とは、「ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」を言います。

決められた時間、決められた場所で働くという従来の働き方に対して、 テレワーク(在宅勤務)では労働者の事情に応じて、働く場所と時間を柔軟に選ぶことができます。
これは、従来の働き方を否定するものではなく、多様な働き方を実現する一つの選択肢となります。

また、今までは、主に労働者のワーク・ライフ・バランスの向上を目的に、 企業のCSRの一環として導入される場合が多かったのですが、 2011年3月に発生した東日本大震災をきっかけに、BCP(事業継続計画)の一環として注目が高まっています。

テレワーク導入のメリット

ワークスタイル変革を目的にテレワークを導入した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?
企業側、従業員側の視点でまとめます。

企業

企業側の一番のメリットは「優秀な人材の確保」となります。
労働者人口が減少の一途を辿る日本において、優秀な人材を採用することは非常に困難になりつつあり、今後、さらに深刻になることが想定されます。 出産・育児や介護・看護など将来的な環境の変化に影響されず、働きやすい条件が整っていることは、求職者にも大きな魅力となります。

また、在宅勤務などの多様な働き方を受け入れることで、出産後の女性社員や介護・看護の必要がある労働者など、これまで退職せざるを得なかった優秀な社員に活躍の場を提供し続けることもできます。

さらに、労働者が業務に集中できることやいつでもどこでも情報共有、 承認が可能になることなどによる生産性向上だけでなく、 テレワーク運用にあたり労働者が業務の整理を行うことによる生産性の向上も期待できます。

従業員

労働者にとっての一番のメリットは「時間・場所にとらわれない働き方」ができることでしょう。
柔軟な選択肢により、家族や環境などとの調和を図りながらも、自身が最高のパフォーマンスを発揮できる働き方を選択できることは、 不用意な精神的な負荷も軽減させることができます。


在宅勤務イメージ

ソリューション・製品一覧へ