Crossway/データブリッジ

Crossway/データブリッジ シリーズのご紹介

分離されたネットワーク間でのデータの受け渡しをセキュリティ高く行う、Crossway/データブリッジ シリーズは以下のラインアップで提供しています。

データブリッジイメージ

Crossway/データブリッジ ~手動受け渡し~

分離されたネットワーク間でのデータの受け渡しを手動で行います。送りたいファイルを、データブリッジのアイコンにドラッグ&ドロップをすることで、相手方にファイルを送ることができます。送信、受信の認証を求めたり、利用時間の制御など、よりセキュリティ高く確実にデータを受け渡したい場合にお使いいただけます。

↓手動で確実に!高セキュリティで受け渡し

より厳密に扱うファイルのやり取りに、手動タイプのCrossway/データブリッジ が役に立ちます。

  • ・顧客情報、個人情報など決められた人しか扱わないデータのやり取りで、送信側、受信側ともに認証を求めるなどで、高セキュリティで利用可能に。
  • ・データの受け渡し頻度が高くない場合、USBメモリなどの代わりにセキュリティ高く利用

自動化イメージ

Crossway/データブリッジ AT ~自動受け渡し~

分離されたネットワーク間でのデータの受け渡しを自動で行います。
転送元端末の指定したフォルダに置かれたデータを、データブリッジATが転送先端末の指定されたフォルダに自動で転送します。手作業でのデータ受け渡しを自動化し、運用負担の軽減を実現するとともに、セキュリティも高く維持します。

↓自動化で効率化!人手を介さずセキュリティ向上

振込データの展開、注文書データの取り込みなど、多数のデータを受け渡す場面でCrossway/データブリッジ ATが役に立ちます。

  • ・大量のファイル移動も瞬時に行います。業務効率化を実現します
  • ・人手を介さず、自動で受け渡せるため、不正利用を撲滅しセキュリティを高く保ちます
  • ・利用する端末はあらかじめ指定できるので、決まった業務にのみ利用できます

自動化イメージ

(New!)データブリッジ 無害化オプション

データブリッジ無害化オプションは、物理的にインターネットから分離した環境でデータの受け渡しを行う際に、対象ファイルにマルウェア侵入の可能性があるマクロ領域などを削除しリスクを除去する無害化を行い、ネットワークが分離されている基幹系システムへマルウェアなどの感染を防止しながら、安全で効率的なファイルの受け渡しを実現します。

↓無害化でマルウエア侵入の可能性を防止

送信フォルダにファイルを置くだけで自動的に無害化し受け渡すことができます。特に無害化を意識することなく、ファイル移動の操作が可能です。

  • ・150以上の自治体に導入されているファイル無害化機能付きファイル交換システム「Smooth File」のエンジンとなる「Fast Sanitizer」を採用しました。
  • ・データ受け渡し時における安全の確立と運用負荷の削減を実現します。

無害化イメージ

データブリッジ VCオプション ~ウイルス対策~

データブリッジVCは、ネットワーク分離環境でデータを受け渡す際に、自動でウイルスチェック/駆除を行います。
受け渡しの端末とデータブリッジの二重でのチェックを行うため、万が一、送信端末がウイルスに感染していても、受信側の機密情報管理端末にマルウェアの侵入を防ぐことができます。

↓ウイルス対策でよりセキュリティUP

データブリッジ経由でデータを受け渡す場合、自動でウイルスチェックと駆除を行うので、受け取り手の端末はウイルス感染のリスクを最低限に抑えることができます。

  • ・ウイルス対策USBメモリと違い、持ち運びができないためデータの不正持ち出しを防止します
  • ・万が一、端末のウイルス対策設定が不備であっても、データブリッジVCで補完。二重チェックも
  • ・必要に応じて、データブリッジATや、データブリッジに付加できます

ウイルスチェックイメージ

※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTテクノクロスのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

ソリューション・製品一覧へ