Crossway/データブリッジ

Crossway/データブリッジの機能

高いセキュリティを維持し、データの不正持ち出しを防止します。利用終了後や時間到来とともに、データを機器から自動的に削除します。また、ログとして受け渡し記録を保持しますので、重要データの受け渡し後の確認などでも利用できます。

セキュリティ機能1

データの流通制御で、渡してよいファイルだけを流通許可します。受け渡し可能な人、端末だけではなく、時間帯などで制御することもできます。さらに、ファイル名称や拡張子でも送信可否の制御ができます。

セキュリティ機能2

オプションの選択で、セキュリティをさらに高く保ちながら利用が可能です。ウイルスチェックオプションと、無害化オプションを用意。受け渡しファイル自体のチェックを行い、データ授受の環境をよりセキュリティ高く保ちます。

セキュリティ機能3

機能一覧

ポリシー制御機能 本装置の利用可否やデータの送信可否を制御します。
データ送信制限 / 利用可能期間指定 / ポリシー定義有効期限 /
利用ユーザ・端末指定 / ファイル名フィルタ / アプリケーションフィルタ
送信機能 端末上のファイルをデータブリッジに送信します。
プリンタ送信 / ファイル送信
受信機能 データブリッジに送信されたファイルを受信端末から読取可能です。
プリンタ送信
ログ機能 データブリッジの利用と、データ流通を記録管理します。
ログ記録 / ログ閲覧 / ログ取得 / ログ削除 / ログ連携
情報漏えい対策機能 USBケーブル抜去や電源OFF、タイマによりデータを自動削除します。
データ自動削除
保守機能 データブリッジの管理者管理、設定データの管理を行います。
管理ユーザの設定 / 設定データのインポート、エクスポート

Crossway/データブリッジ利用方法

送信者、受信者、管理者で、Crossway/データブリッジの利用イメージをお伝えします。

送信者・受信者利用イメージ

【手動タイプ】送信者はソフトウェアを送信端末にインストール。
送りたいファイルをデータブリッジ送信アイコンにドラッグ&ドロップ。その操作だけでデータを渡せます。
受信者はリムーバブルディスク領域から、任意の場所にファイルをコピーするだけで受け取り完了です。

送信者・受信者利用イメージ

【自動タイプ】送信者はあらかじめ決めたフォルダにファイルを設置。
データブリッジATがそれを検知し、自動でファイルを受信側の決められたフォルダにファイルを設置します。
受信者はフォルダを開き、ファイルが届いていることを確認します。



管理者利用イメージ

【管理者(手動/自動共通)】管理者は管理ツールを起動し、設定を行います。
ユーザ登録や、認証の要否を設定することができます。
さらに、受け渡し可能なファイルの制限や時間帯の制限など、任意のポリシーを設定できます。
ログ情報も、管理画面から参照、ダウンロード可能です

Crossway/データブリッジの使い方

Crossway/データブリッジのお問い合わせ

お問合わせはこちら USBメモリに代わるデータ受け渡し方法を探している方、まずはこちらからお問い合わせください。
※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTテクノクロスのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

ソリューション・製品一覧へ