Crossway/データブリッジ 保守サービス内容

保守サービス内容 以下のサービスに対応します。
  • 保証期間が切れた場合のデータブリッジ専用ハードウェア故障時の修理、交換

・修理/交換の判断は弊社にて行います。

  • パスワード忘却時の初期化対応
  • データブリッジ専用ハードウェア故障時のログの取出対応(内蔵ストレージ故障時を除く)
  • 同モデル別データブリッジ機器からの設定データの移行対応
  • ソフトウェアアップデートサポート
対象:
マイナーバージョンアップ
内容:
ソフトウェアの既存の機能に影響を与えないもの
バグの修正やセキュリティーホールへの対応。
留意点:
バージョンアップの周知は、当社で必要と判断した場合を除き、既存ユーザへの周知等は行いません。
バージョンアップ操作は当社から送付するファームウェアファイルを、管理ツールを用いて、お客様ご自身で実施いただけるようになっております。
お客様によるバージョンの指定は受け賜りません。当社で動作検証した最新版の適用となります。
一度バージョンアップしたものについて、障害時の切り分け等で当社より依頼する場合を除き、以前のバージョンに戻すことは致しません。
  • 問題発生時の切り分け、情報収集
  • 迅速な対応のため、お客様によるログ確認やログ等データ等の当社への送付をお願いする場合があります。
  • 電池切れの場合の交換対応
    • 内蔵電池の状態を当社にて確認し、電池交換/本体交換のいずれとするかを判断いたします。
    • 電池切れが発生した製品と同一時期または以前に購入した製品について、予防策として内蔵電池交換を希望することができます。ただし、本対応は製品購入後1回限りとします。
価格(税別) 製品価格の20%/年
  • 保守サービス契約満了後の更新追加は、1年単位で承ります。ただし、購入から5年間を最大とします。価格は購入時の価格(単価)の適用ではなく、更新時に当社が保守サービス価格として定めるものとなります。
注意事項
  • 対応はセンドバック方式による対応とし、発送費は発送元で負担するものとします。

・代替機の対応はございません。
・返送及びこれに類する日程期日の指定についてはお受けしておりません。申告順にベストエフォートにて対応させていただきます

  • 加入は製品購入初年度からの契約が必要となります。途中からの契約の場合、初年度に遡及ご契約となります。
  • データブリッジ専用ハードウェア故障交換は最長5年までとなります。以降は修理/電池交換対応のみとなりますが、故障内容により対応できない場合があります。
  • データブリッジ製品の一部の紛失、ソフトウェア使用許諾外での利用による障害、データブリッジ製品の開封もしくは改造の痕跡が見られる場合については保証外となります。