NTTテクノクロスが提供する、生体データ計測システム「計測サービスモジュール」を使うと、簡単に「生体データ(心拍数等)の計測」を実現できます。

また、NTT研究所との実証実験を通して培ったノウハウ・知識により、生体データを活用するためのソリューション(ライフサポートソリューション)を提案できます。例えば、暑さ対策ソリューションのお手伝いが可能です。

LSS-000.png

生体データの活用ステップ

近年、センシング技術向上により、心拍数等といった人間の活動により発生する生体データを計測できるようになってきています。

今まで感覚でしか判断できなかったものを可視化することで、様々な場面での活用が期待できます。

生体データの有効活用のために、データの計測(収集)、蓄積、見える化(閲覧・分析)といったステップが必要となります。

製品ラインナップ

NTTテクノクロスの「計測サービスモジュール」(オプションとして、データ統合ツール、ビューア)では、

これらのデータ活用ステップを簡単に実現します。

カスタマイズにも対応するため、顧客要望に合わせた活用方法を提案可能です。

製品

ライセンス体系

計測サービスモジュール

(Android用SDK)

1アプリ用途につき

データ統合ツール/サンプルビューア※

計測サービスモジュールのオプション機能として

保守サポート

ご相談

※計測サービスモジュールの利用ライセンスの提供となります。

※ウェア、トランスミッタは別売となります。

※再配布については、個別に相談ください。

※アプリケーション開発、実証実験等については個別にご相談ください。

ソリューション・製品一覧へ