概要

映像ストリーム配信数の増加に伴い、障害発生の監視、切り分けが複雑化し、運用コストが増加しています。
また、商用回線の品質保証基準内の軽微なエラーに起因する映像エラーは原因特定が難しく、運用者の頭を悩ませています。
viaPlatzVSMを利用し、伝送路に監視ポイントを設置しておくことで、どの映像ストリームに、いつどこでどのようなエラーが発生したのかを把握することができるようになり、障害発生時の運用者の負担を軽減できます。

特長

システム構成例

機能緒元

動作環境

ソリューション・製品一覧へ