ACTCenter File Share

製品概要

ACTCenter File Shareは、見積書や請求書など、会社間/組織間でのファイル(文書)のやり取りを標準化し、ワークフローが流せる事務処理効率化ツールです。


RPA(ロボット)やOCRなど、様々な機能を自由に組み合わせることで手作業を削減できます。
電子メールを利用するため、余計な設備投資や、ユーザ管理の手間が不要です。

利用イメージ


通常業務でやりとりしているメールのCCに専用アドレスを追加することで、自動的に処理が始まります。
ユーザはACTCenter File Shareへログインし、内容確認を行うだけで、ファイル(文書)の印刷や押印といった処理を省略することができます。

製品の特徴


■ メールだけで使えるワークフロー
電子メールを利用するため、余計な設備投資やユーザ管理の手間なく、ワークフローを利用することができます。
また様々な機能と連携させることで、業務の効率化やコスト削減、コンプライアンスの強化なども図ることができます。

業務課題と解決策 はこちら。

適用箇所

適用事例

月末の報告処理イメージ



業務課題と解決策



動作環境

サーバ要件

OS ・Windows Server 2012 (64bit)
・Windows Server 2012 R2 (64bit)
・Windows Server 2016 (64bit)
・Windows Server 2019 (64bit)
・Red Hat Enterprise Linux 6.x (64bit)
・Red Hat Enterprise Linux 7.x (64bit)
Amazon Linux 2
ハードウェア 各OSの安定稼動が可能となるPC
(CPU 3GHz以上を推奨)
APサーバ ・Resin 4.0.64 以上
・Payara Server 5.194 以降
・WebSphere Application Server 9.0.5
・Oracle WebLogic Server 12c R2(12.2.1)
データベース ・Oracle Database 12c Release 2
・Oracle Database 18c
・Oracle Database 19c
・PostgreSQL 9.5
・PostgreSQL 9.6
・PostgreSQL 10
・PostgreSQL 11
・Microsoft SQL Server 2012
・Microsoft SQL Server 2014
・Microsoft SQL Server 2016
・Microsoft SQL Server 2017
(クラウドサービス)
Amazon RDS for Oracle Database
Amazon RDS for PostgreSQL
Amazon Aurora PostgreSQL-Compatible Edition
Webサーバ ・Internet Information Services 8 (Windows Server 2012)
・Internet Information Services 8.5 (Windows Server 2012 R2)
・Internet Information Services 10.0 (Windows Server 2016)
・Apache HTTP Server 2.4 (DSO サポート版)
・IBM HTTP Server 9 (WebSphere Application Server 9.0.5)

クライアント要件

ハードウェア OS ブラウザ
PC Windows 8.1 Update ・Internet Explorer 11
(デスクトップ用 Internet Explorer)
・Google Chrome 80以上
Windows 10 ・Internet Explorer 11
・Microsoft Edge 80以上
・Google Chrome 80以上
macOS Mojave ・Google Chrome 80以上
スマートフォン iPhone端末 iOS 13 ・Safari
iPad端末 iPadOS 13 ・Safari

* intra-mart 本製品は、株式会社NTTデータイントラマートのシステム基盤製品「intra-mart」を使用しています。
「intra-mart ワークフロー」は「ワークフロー市場」分野において、11年連続第1位の実績です。
(株式会社富士キメラ総研『ソフトウェアビジネス新市場2018年版』首位。毎年行われてきた同調査にて、2008年よりワークフロー市場が新設され、金額ベースで11年連続首位。)

ソリューション・製品一覧へ