アカンサスとは


アカンサスは、これまで手作業で行ってきた業務システムのID棚卸作業を自動化するソリューションです。
昨今、業務システムのIDに関わるセキュリティ基準はますます厳格化されています。
ID管理は「業務に必要なアプリ/サービスを、適切な人にだけ利用を許可すること」が基本として様々な基準を設けられてますが、企業が利用するシステムはオンプレ/クラウドと多岐に渡り、手作業での管理は限界にきています。

入社時のID運用ルールは徹底できても、異動時や退社時のID無効化/削除までは統制が及ばず、 結果として不要IDの放置が発生している企業は少なくありません。
アカンサスは、膨大に存在するIDの棚卸を自動化することで効率的かつ正確なID統制を支えます。


アカンサスの特長


どんなフォーマットのデータでも取り込み可能
ID棚卸を行うためには、業務に関わる人の情報とID情報をあまねく漏れなく収集することが基本となります。
アカンサスは、組織ごとに存在するITリテラシの格差やシステムの形態に依存することなく運用できることを目指し、柔軟なインターフェースを用意しています。
既存のID管理システムと連携可能
様々なID管理システムと連携することが可能です。すでに運用しているID管理システムがある場合も、アカンサスと連携することで管理対象外であった非正社員の管理や、クラウドサービス形態の業務システムも厳格に管理することが可能です。
既存業務システムや運用は変更不要
一般的に運用が定着した業務システムは、簡単には変更できません。
アカンサスは、既存システムやその運用はそのままにIDと所有者を紐付けすることが可能です。ID棚卸対象を、業務システムの運用や仕様に依存することなく、拡大することが可能です。

アカンサスの機能


適切にユーザーIDを管理するためには、「人」と「ID」について漏れなく情報収集する必要があります。
業務システムは、様々な立場の人が利用していることが多い反面、全ての人が人事データベースで管理されているわけではありません。
アカンサスは、CSV形式であればどのようなデータであっても正規化する必要なく取り込みが可能です。

STEP1. 「人」と「ID」の情報収集

ID棚卸をスムーズかつ漏れなく実施するには、「人」と「ID」について満遍なく情報収集する必要があります。
しかし業務システムのユーザーは、正社員のみではなく派遣社員/協力会社など多岐に渡るため、人事データベースに全ユーザーが管理されている訳ではありません。
アカンサスは、CSV形式であればどのようなデータであっても取り込みが可能です。 このため、部署ごとに個別に管理している契約社員さんや協力会社さんの情報なども取り込み可能です。


STEP2. 正規化

STEP1で収集したID情報は、業務システム毎にフォーマットがバラバラなケースが一般的です。

アカンサスは、このような不統一なフォーマットの情報も、有効に棚卸できるように統一したフォーマットに整理します。
各システムから収集したID情報を、わざわざ人の手で修正せずに、棚卸を簡易に進めることが可能です。


STEP3. 突合

アカンサスは、「人」と「ID」を独自のルールで突合し、「確定」「候補あり」「候補なし」の3つのステータスに自動で振り分けます。


あらかじめ自動的に分類することで、日常的に利用しているIDはもちろん、普段利用していないIDの存在に気づきを促し、確実な棚卸をスムーズに進めます。


STEP4. 棚卸レポート

ID棚卸結果をレポート表示し、状況を明確に知ることができます。
また、監査に必要なレポートも自動出力されるため、監査対応もよりスムーズに対応可能です。さらに、不要なIDの削除や現在の状況を明らかにすることで、既存のID管理運用改善を支援いたします。

システム要件


対応OS Windows 7(32bit,64bit)
Windows10(32bit,64bit)
CPU 2.0GHz以上のプロセッサデュアルコア以上
メモリ 4GB以上
ディスク 40GB以上の空き容量(ログファイル容量は除きます)
その他 管理画面の利用には、以下のブラウザが必要です。
・Internet Explorer 11
・本システムはJava(32bit)を同梱してます

ソリューション・製品一覧へ