NTTテクノクロスの「健康経営」に向けた取り組み

NTTテクノクロスは、変化する経営環境に柔軟に対応し、会社が持続的に発展し、社会に貢献していくためには、社員一人ひとりが心身ともに健康に働き続けられる環境の整備が重要であるという認識のもと、社員の健康管理を経営的視点から捉え、「健康経営」を戦略的に推進しています。

健康経営推進体制

体制図:健康経営の取組みは社内外の各関係組織と連携して取り組んでおります

健康課題と目標

NTTテクノクロスにおいては、ワークスタイル・ライフスタイルが多様化するなか、基本となる「食事」「運動」「睡眠」「コミュニケーション」を基軸とし、社員それぞれが自身の課題を見つけ、健康維持・増進に取組むことができるようサポートしています。
特に、「生活習慣病対策」「メンタルヘルス対策」を重点課題とし、次の目標値を設定して取り組みを推進しています。

項目目標値2017年度2016年度
定期健康診断(特定健診含む)受診率 100% 100% 100%
特定保健指導受診完了率 25% 12.2% 9.2%
非喫煙率 76% 82.1% 78.1%
長時間労働者面談実施率(当社独自基準含む) 100% 99.5% 96.2%

社員の健康維持・増進に向けた取り組み

健康維持・増進に向けた啓発・情報提供

  • 社員のヘルスリテラシー向上を目的に、各種セミナーの実施をしています。
睡眠セミナーの様子
睡眠セミナー
活動量UPセミナーの様子
活動量UPセミナー
  • 日常的に健康に関心を持ってもらうことを目的に、時季に合わせた情報や重点事項などを「健康だより」として毎月発信しています。
「健康だより」の掲載例

行動変容、定着に向けた実践活動

知識から実践へ。社員一人ひとりの行動に結びつくような活動を展開しています。

  • 健康機器を社員に配布し、日々の健康チェック等に役立てています。
  • 活動量計を活用した「ウォーキングイベント」を開催し、日常からの健康意識向上を促すとともに、組織対抗戦を取り入れ、組織内のコミュニケーション活性化にもつなげています。
社員に配布した健康機器や、ウォーキングイベントを開催した際の様子
  • 「血管年齢測定会」、「姿勢測定会」など、体験しながら健康を学べるイベントを開催。これまで延べ1,000名以上の社員が参加しました。
血管年齢測定会、姿勢測定会の様子

感染症対策の実施

社員のインフルエンザ罹患・重症化を予防し、健康維持を図るとともに、業務の滞り等を防ぐため、インフルエンザ予防注射を無料で実施しました。
また、各職場に消毒液を設置し、社員の体調悪化予防に努めています。

外部相談窓口の設置

社員が抱える職場の問題・家庭の問題・プライベートの問題等を相談できるカウンセリングサービス(EAPサービス)を用意し、社員の心身の健康をサポートしています。
幅広く利用してもらえるよう、若手社員向けに体験カウンセリングを実施し、認知度向上を図っています。