情報畑でつかまえてロゴ
本サイトは NTTテクノロスが旬の IT をキーワードに
IT 部門が今知っておきたい最新テクノロジーに関する情報をお届けするサイトです

Elastic{ON} 2018 初日レポート[速報版]

Elastic{ON} 2018に参加してきます! 現地の状況を毎日速報でご紹介しますのでお楽しみに!

Elastic{ON} 2018 has finally started!

NTTテクノクロスの西園です。

昨日は設営中のセッション会場に勢い誤って入ろうとしたぐらい、待ちに待ったElastic{ON} 2018がついに始まりました。

左が西園、右が大塚です

流石に二回目なのと、仲間がいるので余裕があります。

今回は初日のイベントであるKeynoteとPartyの様子についてお伝えします。

KeynoteとPartyは明日以降の個別セッションと違い、Masonic Auditoriumで行われました。

まずは、そのKeynoteの模様から。

Keynote

去年はダンサーが登場しましたが、今年はElastic社のEngineerのビデオレターから始まりました。

各国のエンジニアがそれぞれ登場し、Elastic社のグローバル力を改めて実感しました。

Elastic社CEOであるShay Banon氏の挨拶で会場の笑いが起こったのが、最初の挨拶で以下のイラストを出して、「もうELK(※)と呼ばないで!」という悲痛な叫びでした。

ELKは上記画像のヘラジカと、以前Elasticsearch + Logstash + Kibanaの頭文字を取ってELKと呼んでいたことの二重の意味があります。
5系になるとき各製品をまとめてElastic Stackと正式呼称することになりました。

最後に発表があったのですが、X-Pack のソースコードが公開(※)されます! (会場は拍手喝采でした!)
※ソースコードが公開されるだけで、これまで有償であった機能が無償利用できるわけではなく、利用にはいままでどおりElasticサブスクリプションが必要になります。

次のマイナーバージョンアップである6.3から公開されるようで、いままでブラックボックスだったMachine Learningの中身を読めるようになるので、嬉しいですね!

X-Packのソースコード公開という大発表で終わったKeynoteですが、他にも気になる話がたくさんありました。

Keynote後のPartyもとても盛り上がっていました!

明日のブログもご期待ください!

連載シリーズ
Step up Elastic Stack
著者プロフィール
西園 直人
西園 直人
NTTテクノクロス株式会社
クラウド&セキュリティ事業部
第二事業ユニット