PURPOSE


ソフトウェア資産管理を実施する目的

コンプライアンスの強化

法的および規制上のリスクや、これらに起因する社会的失墜のリスクを低減します。

情報セキュリティの向上

情報漏えいや、ウイルス感染を防止します。

ITコストの最適化

ソフトウェア資産の調達・導入・維持・運用コストなどを最適化します。

SITUATION&RISK


ソフトウェア資産管理の現状とリスクとは?

現状、多くの企業は、PCから収集したインベントリ情報をベースに、ソフトウェア資産管理を行っていますが、あるべき姿を定義する“管理台帳機能”や効率的な運用プロセスをサポートする“ライフサイクル機能”が備わっていないため、様々なリスクが内在しています。

※出典:BSA
The Software Alliance「ソフトウェアライセンスの不備が誘発するリスクと対策」-従業員数500名以下の企業における不正コピーでの損害賠償額TOP5(P.5)-

※引用:JNSA
2016年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書

※当社実績

※当社実績

WHAT’S “iTAssetEye”?


iTAssetEyeとは?

iTAssetEye は 、「管理台帳」および「ライフサイクル機能」を保有しているだけでなく、管理者の稼働負担を大幅に軽減。
インベントリツールと連携することで、‟内在するリスクの低減” および‟運用や調達コストの削減”をサポートします。

Reason

What’s “iTAssetEye”?

選ばれる理由

Reason 1

「コンプライアンス・統制強化」

ライセンスコンプライアンス、内部統制を強化することで、法的、および、規制上のリスクやこれらに起因する社会的失墜リスクの低減を実現します。

Reason 2

「ITコスト最適化」

ソフトウェア資産を見える化することで、ライセンス・ハードウェアの調達コストや運用コストの最適化、さらには、IT投資に関する意思決定の迅速化を実現します。

Reason 1

「手軽に導入」

ツール導入時に発生する「社内調整」「ポリシー整理」「導入費用工面」といった担当者様の負担を軽減します。

Reason 2

「ISO/IEC 19770-1を基準とした運用を実現」

ソフトウェア資産管理のプロセスに関する国際標準規格「ISO/IEC 19770-1」を支援する機能を備えているため、担当者様に大きな負担をかけずに、規格に沿った運用を実現できます。

Features

What’s “iTAssetEye”?

2018年11月Ver3.0リリース 新機能の特長

AIを活用した台帳作成

毎日検出される未知のソフトウェア名の特定を、管理者に代わってAIがサポートします!
収録数約14万件のソフトウェア辞書から、候補となるソフトウェア名を推薦し、ソフトウェア名の特定の手間を軽減します。


サーバ・クラウド環境をより管理しやすく!

サーバやクラウド環境を管理するうえで必要となる契約情報などの管理項目/アラートの強化だけでなく、「物理+仮想」といった構成情報を見える化しました。
お持ちのハードウェア資産を一元管理できます。


ハードウェアの利用/返却申請

ライセンスの利用だけではなく、ハードウェア資産そのものの登録/変更/廃棄を申請するワークフロー機能を用意しました。
台帳が常に最新化されるだけでなく、棚卸作業が圧倒的に楽になります。


ITリスクを19種類のアラートで通知

リースレンタル切れや保守契約切れなど、IT資産を正しく管理するためのアラートを追加しました。人手では気が付きにくく忘れがちなITリスクを検知・通知します。

Others

What’s “iTAssetEye”?

機能及び動作環境

機能


正しく効率的な台帳管理

  • 4つの台帳(任意項目設定可)
  • 台帳自動登録
  • ソフトウェアグループ
  • 2種類の棚卸し
  • 履歴管理【New】

利用者からの申請機能

  • ライセンス利用 / 返却申請
  • 承認依頼メール通知
  • ハードウェア利用 / 返却【New】

19種類のITリスクを発見

  • アラートの配信設定
  • アラートの通知対象者設定
  • ソフトウェア名のレコメンド【New】

ライセンスの利用状況

  • ライセンス過不足確認
  • EXCELへのデータ出力

複数のインベントリに対応

  • ご利用中のインベントリツールを利用可能
  • 複数ツールを同時利用可能

柔軟な権限設定

  • 役割、管理範囲、利用機能を組み合わせ

選べる認証方式

  • iTAssetEyeの独自(ローカル)認証
  • Active Directory、OpenLDAP認証

マスタ情報の設定

  • ユーザ
  • 組織
  • 設置場所
  • ソフトウェア辞書 他

動作環境


クライアント環境

  • 対応ブラウザ(※1)
  • Internet Explorer 10/11 Microsoft Edge

(※1)対応ブラウザは、Google Chromeについても動作確認を行っておりますが、一部、表示の乱れや動作が正常に行われないことがあります。

サーバ環境

  • 対応OS
  • Windows Server 2016
  • データベース
  • SQL Server 2017(Express / Standard / Enterprise)
  • アプリケーション
  • Internet Information Services 10.0
  • ハードウェア
  • PC/AT互換機(CPU 2GHz 8コア以上・メモリ 16GB・HDD 1TB)

CASE STUDIES


導入企業一覧

iTAssetEyeは多くのお客様にご利用いただいております。

導入・提案のご相談はお気軽にお問い合わせください

※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTテクノクロスのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。
※(*1)対応ブラウザは、Google Chromeについても動作確認を行っておりますが、一部、表示の乱れや動作が正常に行われないことがあります。

ソリューション・製品一覧へ