情報畑でつかまえてロゴ
本サイトは NTTテクノロスが旬の IT をキーワードに
IT 部門が今知っておきたい最新テクノロジーに関する情報をお届けするサイトです

徳島とトマトと

トマト栽培をIoTで支援 実証実験を視察してきました!

あけましておめでとうございます。

ブログ内容を練っていたら、こんな時期に。。

2019年の個人的なテーマは「美と健康」の広報Sです。





徳島出張に行ってきました!

阿波踊り、すだち、ラーメンなどが有名ではありますが、今回は...






トマト!です。

トマト栽培にとって大切な温度や湿度のデータを無線センサーで収集し、栽培に生かそうという実験を徳島のファームで始めています。(URL:https://www.ntt-tx.co.jp/whatsnew/2019/190225.html



その発表を前に栽培ハウスの視察に行ってきました。

Tファームいしい(徳島県石井町)




今回、一緒に実験を行うのは「タネのタキイ」で知られるタキイ種苗株式会社です。

あの!桃太郎トマトを開発した京都の会社です。

小さい頃からお母さんが「やっぱ、桃太郎トマトって美味しいわ~」って食卓に並べてくれていたのを思い出す、今年30歳の私。

しかし30年なんて、なんのその。


タキイ種苗さんは天保6年(1835年)創業ですから、すげー!




訪れた栽培ハウスは、タキイ種苗が出資する生産法人で、栽培や実験、出荷なども行なっています。

とにかくデカい。

徒競走ぐらいなら余裕でできます。




実際に栽培しているハウスに入ってみるとトマトってめちゃくちゃいい香りがするのです。

トマトの香りって意外でしょ?

採れたてを味見させてもらったら、爽やかで自然な甘さが口に広がる素敵トマトでした。




タキイ種苗の担当者さんに聞くと、最近は核家族化が進み、ミニトマトの需要が高まっているみたいです。

大玉トマトを1回の食事で食べ切れず、もったいないっていう考えもあるみたいで。




それこそ、もったいない!

「桃太郎トマト」だけでも20品種ぐらいあって、丹精込めて作られている大玉トマトももちろん美味しいのです。

サラダだけじゃなく、火を通しても美味しいらしく、



早速、我が家でも作ってみました。

トマト牛丼





牛肉とトマトって合うんです。

NTTテクノクロスも牛事業をやっていて、タキイ種苗さんはトマト、、合うんです!

おあとがよろしいようで。



トマト牛丼のレシピはタキイ種苗さんのHPで公開されています。

(URL: http://www.takii.co.jp/csr/tomato.html

ぜひお試しください。

連載シリーズ
広報ブログ
著者プロフィール
広報担当
広報担当
広報担当M 女性。千葉県出身。営業担当を経て2013年より広報担当に。 NTTテクノクロスの認知度を向上すべく、社内外を奔走して情報収集の日々を送る。 また、記者とのランチ・懇親会用に大衆食堂から高級料亭まで最新グルメリストを常備し、高い評判を得ている。 流行りモノを一通り経験しないと気が済まない性格で、3Dプリンタでのフィギュア製作・サバイバルゲーム参戦・クラフトビール工場見学などを経験。 海外旅行好きでもあり、現地の調味料を買ってきて自宅でローカルフードを再現することにはまっている。

広報担当S 男性。奈良県出身。鹿、大仏、古墳、すべての奈良に愛された男。 2018年4月にNTTテクノクロスに中途入社。前職の地方テレビ局で報道記者の経験を買われ、広報グループに配属される。 しかし当時からリポートが苦手で、今ではトラウマになってしまい電話口で自分の名前を噛んでしまう。 得意技はBBQで、毎年5月から10月は肉を美味しく焼ける場所を追い求めている。