IT運用のさまざまな操作、
安全に自動化・見える化します。

ガバナンスの確保 高度な自動化 状況の見える化

IT運用の自動化で、こんな問題にお悩みではありませんか?

Problem 1
自動化ツールに
特権IDが埋めこまれ
セキュリティ上
問題がある
Problem 2
増大する運用対応に追われ
人手に頼った作業から
脱却できない
Problem 3
既存の自動化ツールでは
複数のシステムにまたがる
操作を自動化
できない

ACTCenter Secure Automationなら解決できます!

ACTCenter Secure Automationは、
特権ID管理システム(CSLGuard/ACTCenter)と連携し、
IT運用の人手の操作を、
セキュリティを確保しながら自動化し、運用状況を見える化する、
IT運用のための操作自動化ソリューションです。

ACTCenter Secure Automationなら解決できます!

特 長

ガバナンスを確保した自動化

特権ID管理製品と連携し、
自動化ツールへ
最新のパスワードを隠蔽して貸出

ソフトウェアロボットと
オペレーターを区別して
アクセスログをモニタリング

高度な自動化

既製のRPAや自動化スクリプトを
組み合わせ、複数の作業を自動化

運用対象システムに
影響を与えない
エージェントレス方式

運用状況の見える化

自動化の実行状況は、
インフォメーションボードに
リアルタイムで可視化

運用状況全体をモニタリングして
運用チームで共有可能

主な機能

ガバナンスを確保した自動化 自動化ツール統制

  • 自動化ツールへパスワードを安全に貸出し、ログインを統制
  • 自動化ツールのログインを選別し、アクセスログモニタリングに対応
  • ワークフローの承認に基づき自動実行させることでセキュリティリスクの高い業務の自動化へも適用できる
本機能の利用には、特権ID管理ソリューション「CSLGuard/ACTCenter(コンソールガード・アクトセンター)」が別途必要です。
ガバナンスを確保した自動化 自動化ツール統制

高度な自動化 オーケストレーション

  • RPAやOSコマンド、VBAなど、複数の自動化ツールを組み合わせて実行が可能
  • ワークフローの承認と連動させるなど、自動実行タイミングを選択できる
  • エージェントレスなため運用対象システムへの影響が少ない
高度な自動化 オーケストレーション

運用状況の見える化 インフォメーションボード

  • グラフ・表で自動化の実行状況をわかりやすく可視化
  • IT運用の関係者で状況を共有し、取るべきアクションがわかる
運用状況の見える化 インフォメーションボード

動作環境

Secure Automationサーバ

OS (※1) Red Hat Enterprise Linux Server、 Windows Server
CPU x64 アーキテクチャー、2.0GHz 以上、4コア以上
メモリ 4GB 以上
ハードディスク 100GB 以上
その他 特権ID管理ソリューション(CSLGuard/ACTCenter)のデータベースが、
同一サーバ上に存在すること
ミドルウェア Apache Tomcat 8、 PostgreSQL 10、 Java 8
1=詳細バージョンについては、お問い合わせください。

Secure Automationクライアント

OS (※1) Windows 7 / 10、 Windows Server
CPU x64 アーキテクチャー、 1.8GHz 以上、2コア以上
メモリ 4GB 以上
ハードディスク 50MB 以上(※2)
ミドルウェア Java 8
1=64bitに対応しています。詳細バージョンについては、お問い合わせください。
2=Secure Automationクライアントのインストールに最低限必要な容量です。

Secure Automationインフォメーションボード

CPU x64 アーキテクチャー、 1.8GHz 以上、 2コア以上
メモリ 2GB 以上
ブラウザ Google Chrome 74以上 (※1)
その他 Secure Automationクライアントと同居可
1=2019年5月時点の最新バージョンです。Internet Explorerなどの他のブラウザは使用出来ません。

新着情報

2019.09.02
ウェブサイトを開設しました。