情報畑でつかまえてロゴ
本サイトは NTTテクノクロスが旬の IT をキーワードに
IT 部門が今知っておきたい最新テクノロジーに関する情報をお届けするサイトです

【イベントレポート】『そのメール大丈夫?これが最先端!安全なメール活用術』セミナー

イベントレポート第3弾!今回は9月2日(金)に開催した、弊社主催セミナー『そのメール大丈夫?これが最先端!安全なメール活用術』をご紹介します。


本コラムは「Bizニュース(月1~2回配信)」編集部がイベントレポートを掲載しています。
下記の「Bizニュース配信登録」ボタンから登録いただくと、最新情報をお届けします!


BizMail




突撃!イベントレポート
[著者プロフィール]

 ビジネスソリューション事業部 マーケティング担当N

開発担当を経て、3年前よりマーケティング担当へ。昨年よりイベント運営を中心とした業務を行っている。
現在では、Bizニュース担当を兼任し、毎月配信する内容を日々探している。



みなさん、こんにちは!Bizニュース担当のNです。

今回は9月2日(金)に開催した、弊社主催セミナー『そのメール大丈夫?これが最先端!安全なメール活用術』をご紹介します。


今回のセミナーは、エバンジェリストとして多方面で活躍されている日本マイクロソフト株式会社の西脇 資哲氏とセミナー内でご紹介した「CipherCraft/Mail」を実際に導入されているみずほ証券株式会社の内田 豊氏をお招きして、メールの活用術をご講演いただきました。


西脇氏の『情報システム部門の方必見!前に進めるメールコミュニケーション術』では、提案書/企画書の作成やメールでのコミュニケーション時のテクニックをご紹介いただきました。
特に印象に残ったのは「メールの前半だけで相手が行動を起こせるように」という点です。メールの上部を見ただけで、主旨がわかること、打ち合わせの日程を決める場合には候補日を出す(相手に行動を希望させる)こと、回答期限の日付を明確にすることが重要で、お願いや行動、結論は可能な限り前に記載したほうが良いとお話されており、ぜひ実践しようと思いました。


皆さん、一生懸命メモを取られていました
皆さん、一生懸命メモを取られていました

また、弊社社員より、標的型メール攻撃やメール誤送信に関する最新の対策を、実際に起きた情報漏えい事故の状況を交えながらご紹介しました。その中で、7月27日に報道発表をした人間工学の考えを取り入れたメール誤送信対策「CipherCraft/Mail7」のデモンストレーションを初公開しました。

従来の「CipherCraft/Mail」から大きく変更したのは、メール誤送信防止画面をより見やすくした点です。誤送信をしてしまいがちな重要な項目のみに視線を集めるために確認画面での情報量を最小限にしています。また、『ドメインごとに宛先をチェックできる』や『初めて送る相手には赤色で表示』などお客様の会社のポリシーにあわせて設定を使い分けることが可能です。


画面が見やすくなり、参加者も興味津々の様子でした
画面が見やすくなり、参加者も興味津々の様子でした

内田氏からは「メール誤送信を防止した10の手法」と題し、具体的な対策と効果をご紹介いただきました。


今回のセミナーは申込みが殺到し、セミナー1週間前に申込みを締め切るほど多くのお客様にお申込みいただき、大盛況で終了しました。

おかげさまで満席!
おかげさまで満席!

セミナーの後には懇親会を開催し、セミナーの感想やメールセキュリティに関するお話を伺うことができ、今後の製品開発に反映させていただこうと思います。

NTTソフトウェアでは様々なセミナーを開催しています。ぜひ、ご来場ください。

※『CipherCraft/Mail』は、送信者に宛先や本文の再チェックを行わせてメール誤送信を防止するとともに、添付ファイルのパスワード化を自動で行うソフトウェアです。評価版もご用意していますので、ぜひHPもご覧ください。

※「CipherCraft」はNTTソフトウェア株式会社の登録商標です。
※その他会社名、製品名などの固有名詞は、一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。
※当ソリューション・製品に関するお問い合わせ、会員登録リンクは、NTTソフトウェアのお問い合わせ専用ページ(社外サイ ト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します (MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

連載シリーズ
トレンドコラム
著者プロフィール
Bizニュース
Bizニュース
NTTソフトウェア株式会社
ビジネスソリューション事業部