SAP BusinessObjects から Yellowfin へのBI移行事例

BusinessObjectsからYellowfinへ6ヶ月で移行が完了

大手製薬メーカー様では、SAP BusinessObjectsの保守サポート切れを間近に控えていました。
これまで課題だった「同じようなレポートが複数あり効率が悪い」「一部の社員しか操作できない」「一部の業務にしか活用できていない」などを解決したいと考え、Yellowfinへの移行を決定しました。
Yellowfinの移行にあたってはシステムの移行だけでなく、社員の教育やデータ活用の定着化なども重要であると考え、この分野にも力を入れているNTTテクノクロスをパートナーとして移行プロジェクトを進めることとなりました。

大手製薬メーカー様で抱えていた課題

  • システムサポートの終了時期が迫っている
  • 全社で利用しているBOの全体像がつかめず
    リプレイスの投資額や進め方がわかない
  • 費用対効果がつり合わない
  • 現場の業務にBIツールの浸透が進んでいない
何から手を付ければいいの?!

独自ツールと移行ノウハウによる移行対象レポートの絞り込み

移行プロジェクトの開始当初、移行対象レポートが情報システム部様の試算では200本程度と見込まれておりましたが、実際にユーザー部門様から移行対象レポートを収集したところ、試算の30倍に当たる約6000本が存在していることが判明。そこでNTTテクノクロスは、独自のツールと移行ノウハウをもとに、移行対象レポートを同一のレポート、類似のレポートなどに仕分けし、移行コストを抑えながらプロジェクトを進めることとしました。

移行スケジュール

移行プロジェクトの進め方(例)

移行レポートの仕分け

移行レポートの仕分け

実践的な社員教育によりデータ活用も推進

移行対象レポートを仕分けし集約を図ったものの、全てをプロジェクトのメンバだけで対応するには、時間もコストも全く足りない状況でした。そこでNTTテクノクロスは、これまでの導入実績で培ったユーザートレーニングメニュをお客様向けにカスタマイズし、数多く残った「ユーザー部門様でも作成できそうなレポート」を研修の題材することで移行作業も兼ねることを提案。より実践的な社員研修となり、データ活用も推進されることになりました。

豊富な知識と経験で導入をサポート

Yellowfin-consulting-partner-BudgeNTTテクノクロスは、日本で唯一のYellowfinコンサルティングパートナーとして、長年BIに携わってきたメンバーの豊富な知識と経験によって、貴社のBIツール導入を成功に導きます。
もちろん導入後も将来を見据えたBI活用や定着に向けて全力でサポートいたします。
※NTTテクノクロスは日本で唯一のコンサルティングパートナーです。

サポート

全社分析基盤として活用

ユーザー部門による研修も兼ねた既存レポートの移行の支援もあり、当初試算の30倍にも膨れ上がった移行対象レポートを期間内に移行することができました。また、より実践的なユーザー研修になったことによるデータ活用の適用業務拡大、エンタープライズBI製品であるYellowfinを採用したことによる業務効率の向上、運用コストの削減など、多くの効果を得ることができました。

全社員が統一されたデータ分析基盤を活用




サポート

YellowfinはエンタープライズのBIに必要な機能が豊富に揃っています。誰がどのようなレポートを保有しているか、いつ利用したかなどを把握することが可能な管理機能により、全社レベルでガバナンスを強化することが可能です。これにより、各組織におけるBIツールの浸透についても把握することが可能なため、社内展開のための検討に役立ちます。



※InfoCabinaおよびインフォキャビナは、NTTテクノクロス株式会社の登録商標です。
※本ページに掲載されている商品またはサービスなどの固有名詞は各社の商品名,商標および登録商標です。
※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTテクノクロスのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

ソリューション・製品一覧へ