新型コロナウイルスで急速に広がるテレワークの課題

テレワークの課題

昨今テレワークを導入する企業が増える中、経営者や総務・人事担当から、社員の働きぶりを直接見ることができない不安や、社員のストレスを心配する声が出ています。
一方で、従来の勤怠システムを改造したり、新たに投資することは難しく、実現には様々な課題があります。

課題1 在宅勤務の適切な服務管理、把握ができていますか
課題2 在宅時のパフォーマンス管理ができていますか
課題3 現行システムに手を入れることなく早期に対応できる方法をお探しですか

NTTテクノクロスが提案する【働き方の見える化】とは

Microsoft 365(旧Office 365)の利用記録を活用し、システムへの改修や投資を最小限に抑え従業員に負担を与えずに、NTTテクノクロス独自のログ解析ツールにより、すぐにテレワーク状況の見える化が可能になります。

❶ 働き方の状況把握

資料作成や社内外とのコミュニケーションの時間、メールや会議の時間や作業内容まで把握できます。

働き方の状況把握
❷ 組織の働き方改善

チームメンバの働き方が把握できるようになれば、難解な周知メールや、無駄な会議や参加者を見直すことができます。

組織の働き方改善
❸ 個人の働き方改善

個人が自分自身の働き方を把握できるようになれば、成果や働き方を数値で見直すきっかけにできます。

個人の働き方改善

Microsoft 365と外部システムとの連携

Microsoft 365と他システムを組合せることで活用の幅が広がります

会社の伝達メッセージの可視化

働き方の情報と営業・生産管理、健康診断の結果など、複数の情報を外部のBIツールなどでまとめてクロス確認することで、従業員のパフォーマンス確認につなげることができます。

会社の伝達メッセージの可視化
健康施策の見える化(歩数、ストレスチェック)

有給休暇、残業時間だけでなく、社員の健康診断受診状況や予防接種の摂取状況などを「見える化」したダッシュボードも作れます。

健康施策の見える化
社内サイネージ

チームメンバの働き方をオフィス内に設置したサイネージと連携することで、プッシュ型の情報発信が可能となり、マインド変革に繋がります。 

社内サイネージ

ソリューション・製品一覧へ