全般

EPP(Endpoint Protection Platform)とは何ですか?
エンドポイント(ユーザーが利用する端末PC)の防御を主眼にしたセキュリティ対策です。
次世代のEPPでは振る舞いや機械学習、異常動作の検出などにより、シグネチャに依存する従来のアンチウィルスソフトでは検知できない0-dayのマルウェアを検知し、動作のブロック等を行います。
EDR(Endpoint Detection and Response)とは何ですか?
エンドポイントの脅威の検知と事後対応を指します。
“侵入は避けられない”ことを前提に侵入後の振る舞いを記録し検知すること、記録した振る舞いから適切な対応を迅速にとれる情報を提供すること、攻撃を成立(情報の外部流出など)をさせないことに注力します。
アンチウイルス製品との違いは何ですか?
アンチウイルス製品とは異なり、マルウェア以外の非マルウェア攻撃(ファイルレスな脅威や、正規のアプリケーションを悪用するような攻撃)まで防御することができます。
また、ただ防御するのみではなく、検出/防御を行なった脅威・攻撃に対する可視化や、その復旧を支援するような機能までを提供できることが大きな違いです。

導入検討

TrustShelter/EPPとはどのようなサービスですか?
収集したアクティビティを元に論理だった解析を行い、利用者が気づかない不審な動きをリアルタイムでブロックする、次世代エンドポイントセキュリティサービスです。
アンチウイルス製品では防げない攻撃を検知し、防ぐことができます。
TrustShelter/EPPの強みを教えてください。
エンドポイントアクティビティの記録(EDR)が可能であり、また、マルウェアのみならず非マルウェアによる攻撃に対する防御(NGAV)も可能であることです。
TrustShelter/EPPにオンプレミス型はありますか?
オンプレミス版のお取り扱いはありません。
トライアルをしてから、導入を検討することはできますか?
トライアルのご利用が可能です。お問い合わせください。
利用開始までの期間はどのくらいですか?
期間はユーザー規模やルールの複雑さに依存して変わります。
基本設定と1ポリシーで内容が決まっている場合でしたら、概ね2営業日程度でご利用いただくことができます。
ポリシーの検討やホワイトリストの最適化などを行う場合には、数週間をご想定ください。
利用する場合の注意事項はありますか?
対象のPCに他のアンチウイルス製品やEDR/資産管理系の製品を導入するときには、監視の除外設定を行うことを推奨します。
契約する場合、最低利用期間はありますか?
最低利用期間は1年間(12ヶ月間)のご契約となります。1年単位または3年単位でのご契約となります。
価格体系について教えてください。
導入台数の総数により異なります。また、1年間と3年間のサブスクリプションライセンスをご用意しております。

導入ご相談・お問い合わせ

「お手軽に短時間でWAFサービスを利用したい」 「サービス利用時の初期導入コストを抑えたい」など、
TrustShelterはお客様の抱える漠然としたお悩み・ご要望に対しても、専門のスタッフが丁寧にご提案させていただきます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

※TrustShelter は、NTTテクノクロス株式会社の登録商標です。
※会社名、製品名などの固有名詞は、一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。
※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTテクノクロスのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

ソリューション・製品一覧へ