よくある質問

全体

無料でご提供させていただいております。ただしクラウドサービス提供、オンラインマニュアル提供以外のご希望は有償となる場合があります。

利用登録について

ご登録していただく企業様で任意の文字を入力していただけます。会社アカウントの作成画面では弊社を例として自社名と関連付けた「ntt_techno_cross」を記載しています。

機能について

csv形式でデータのインポート、エクスポートが可能です。

必須ではありません。備蓄品ごとに利用企業様で選択いただけます。

そなえるんCSR+の拠点管理は、「ロケーション」(支店、事業所など)、「フロア」、「場所」(フロア内の倉庫、会議室、書棚など)の3階層で管理することが可能です。

メールアラート機能がございます。企業様の設定された期限より近くなった備蓄品について、企業様が設定した月(複数選択可)の1日に指定アドレス(属人化を防ぐ目的でメーリングリストを想定しているため1件のみ登録可)へアラートが送信されます。
また、ログイン後の一覧画面においても、フィルタや、色(期限間近が黄色、期限切れが赤)と警告マークによる視覚的なアラートも持っております。

半年以上前から公開することをおすすめします。数量が多い場合でも公開するおすすめ期間は変わりませんが、寄付先の倉庫のキャパシティが潤沢ではないため送り先が分かれたり、分割配送の依頼があります。
また、半年以上前から公開し、寄付先から依頼があった場合でも「残りの賞味期限が3か月を切った段階で寄付したい」との調整も可能です。

システム上の公開期限の設定例:200日〜30日
システム上の公開期限の設定例:200日〜30日

寄付について

必須ではありません。一つの選択肢として実施いただければ幸いです。

利用企業様が公開の意思を示された備蓄品を、利用企業様が設定された期間に当社サービスと提携している寄付先団体様に公開し、ニーズとのマッチングを行います。(ニーズが無ければ寄付は実施されません)

利用企業様で保有している備蓄品を登録いただき、備蓄品ごとに公開(寄付する)か非公開かを設定いただきます。公開期間と寄付先団体から連絡を受ける窓口情報、公開先とする寄付先団体様を登録いただきます。賞味期限が公開期間に入ると企業様が選択した寄付先団体様に公開されます。

寄付先団体様は、1か月に1回程度の頻度で公開された情報を確認していただくようお願いしております。

ニーズがあった場合に、設定いただいた企業様の窓口へ寄付先団体様からご連絡いただきます。(※利用企業様から寄付先団体様に直接お声がけいただくことも可能です。)

その後、利用企業様と寄付先団体様の間で送付時期や送付先等の合意がされた後、利用企業様から直接寄付先団体様の指定送付先に送付いただきます。

地域の事情、タイミングや寄付先団体の支援先等にもよりますが、普段食べているものに近い食品ほどニーズは大きいです。逆にニーズが小さいものは、水(特に2リットル)です。

各企業様ごとのルール(寄贈に関する覚書や寄贈に関する社内意思決定などが必要か、配送業者の手配など)によりますが、NTTテクノクロスの場合、初回は約1か月、それ以降は約2週間の期間を要しました。

「備蓄品を購入する」で販売会社へ備蓄品購入の見積もり依頼を行う際に「子供の未来応援国民運動推進事務局」へ情報伝達することへ同意するかの確認チェックボックスが表示されます。
「同意する」にチェックをして見積もり依頼を行い、成約した場合、寄付へ協力いただけます。