寄付について

寄付について

食品ロスの問題対策や、企業の社会貢献活動のために、災害備蓄品の寄付 に注目が集まっています。企業側が寄付したい物品や量と、寄付先団体側で寄付を受け取りたいものは異なることがあり、企業単独での寄付実施の場合には、双方のニーズが一致せず、寄付できないこともあります。
「そなえるんCSR+」は、事前に企業側が寄付の意思を示し、寄付可能物品を寄付先団体に示すことで、双方のニーズを合わせやすい場(寄付マッチング)を提供しています。

寄付について

寄付先団体について

現在、国内にて災害備蓄用食料品の寄付を受け付けている寄付先団体にフードバンクがあります。 フードバンクとは、包装の痛みなどで品質に問題がないにも関わらず、市場で流通できなくなった食品を、企業から寄付を受け、生活困窮者(ホームレ ス、貧困者、高齢者、障碍者、ひとり親家庭、幼児、児童、青少年、難民、災害に よる被害者)などに配給する活動およびその活動を行う団体です。さまざまな団体によって運営され、運営方針や活動内容も団体ごとに三者三様です。
寄付先団体について

寄付の流れ

備蓄品の登録

STEP 1 備蓄品の登録

備蓄品の新規作成画面にて、寄付可能な備蓄品の情報を登録します。

備蓄品の公開

STEP 2 備蓄品の公開

寄付先の公開設定(連絡先窓口、公開期限設定、備蓄品 公開先団体)を設定します。
企業様は、各フードバンク団体の活動をご覧になった上で、活動内容に賛同できる公開先をお選びください。各団体の活動内容は、設定画面上からURLを押下し、各団体のHP上でご確認ください。

申し入れ

STEP 3 申し入れ

公開先の寄付先団体から連絡先窓口に寄付の申し入れがあった備蓄品については、他団体へ非表示にするため「寄付しない」に変更してください。寄付する備蓄品や数量、発送先、時期などについては、寄付先団体と企業様で調整をお願いいたします。

社内処理

STEP 4 社内処理

寄付に関する覚書締結や社内での承認などを実施します。
覚書が必要な場合、寄付先団体から入手することもできます。

受け渡し

STEP 5 受け渡し

備蓄品の受け渡しや発送手配(送り状準備/梱包/発送)は企業様でお願いいたします。寄付の完了した備蓄品の情報は「備蓄品の一覧」から削除し、補充した備蓄品を新規登録してください。補充する備蓄品の見積請求や購入も、そなえるんCSR+から行えます。(購入時に、購入代や送料等が発生します)