ロボットソリューション画像

お知らせ

2018.11.21
マルチリンガル案内ロボット「AMARYLLIS」を2018年11月30日から販売します!

2018.10.30
マルチリンガル案内ロボット「AMARYLLIS」をNTTテクノクロスフェア2018に参考展示します。

当社の考えるロボットソリューションとは

さまざまな技術を持っているNTTグループ。
当社は、NTTグループの技術を背景に、コミュニケーションロボットを用いて、お客さまの抱える課題やニーズに合わせた最適なソリューションをご提案します。

案内ソリューション

いろいろなシーンで、ロボットがご案内!

商品説明、観光案内等、複数拠点の大型チェーン店に対応いたします。
ロボットが丁寧にご案内いたします。
店員に代わってお客様にふさわしい情報を、繰り返し繰り返しお伝えします。




周辺案内(参考事例)

複数拠点向けロボットサイネージとしてクラウドロボティクス基盤を使うと、案内に使用する説明画像やロボットの台詞をPowerPointで手軽に編集するだけで、複数の拠点で観光案内を行うことができます。
もちろん、商品説明にも利用できます。

周辺案内用画像
※クラウドロボティクス基盤
Sotaとの音声対話や,Sotaやタブレットなどのデバイス連携には,NTTグループのAI技術corevoを実装したクラウドロボティクス基盤を活用しています。クラウドロボティクス基盤は㈱NTTデータのサービスです。

商品説明(参考事例)

人を検知すると、身振り・手振りで様々な情報をお客様に提供します。
展示会で大活躍です。
商品説明(参考事例)

受付ソリューション

受付をロボットが担当!

オフィス受付、店舗受付等様々な場面に対応いたします。
ロボットが人を認識し、受付システムの使い方をご案内するため、来訪者が不便に思うことはありません。
ロボットが受付担当として、“おもてなしの気持ち”を伝えることができます。



当社受付システム(参考事例)

当社の横浜事業所13F受付にて活躍中です。
コミュニケーションロボットSota(ソータ)と、ソフトウェアロボットA3Theater(エースリーシアター)を連携し、音声認識により社員への電話取次ぎを行います。また、喫煙所や自販機の場所等、お客様からのお問い合わせもご案内いたします。
受付画像

導入事例

エヌ・ティ・ティ都市開発ビルサービス様の本社受付(秋葉原UDX 6F)において、
コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」を活用した案内ロボットソリューションをご導入いただきました。

来訪したお客様は、「Sota」の挨拶、受付案内、対話機能により、
受付端末の使用方法に迷うことなく、スムーズに来訪受付を行うことができます。

エヌ・ティ・ティ都市開発ビルサービス様へお立ち寄りの際は、ぜひお試しください。

参考事例画像

AMARYLLIS™ はNTTテクノクロス株式会社の商標です。
A3Theater® はNTTテクノクロス株式会社の登録商標です。
corevo® は日本電信電話株式会社の登録商標です。
Sota® はヴイストン株式会社の登録商標です。

ロボホン® はシャープ株式会社の登録商標です。
その他の会社名、製品名など固有名詞は、一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。

ソリューション・製品一覧へ