企業がお客様から提供された個人情報を適切に取り扱うことは、企業としての社会的責任です。
個人情報が漏えいした場合、企業の信用低下につながり、企業経営にも影響を及ぼす可能性があります。
NTTテクノクロスでは、改正個人情報保護法の観点から個人情報を適切に取り扱うための具体的な対策についてご支援します。

概要

改正個人情報保護法と企業の対策

2017年5月30日より、改正個人情報保護法が全面施行されました!
改正個人情報保護法により個人情報の定義が明確になったことから、企業で保有するデータが個人情報であるかの再確認が必要になります。また、個人情報の取り扱い状況に応じて、運用や規定類の見直しが必要になります。

*なお、プライバシーマーク(Pマーク)は、個人情報保護法に遵守したマネジメントシステム(体制)を認定する制度です。 個人情報保護法を遵守するためには、このマネジメントシステムを適切に運用することが求められます。

また、個人情報保護法が改正されたきっかけの一つに、データ利活用ビジネスの拡大がありました。企業において、様々な場面で個人情報を取り扱う機会が増えているため、個人情報保護の対策強化、見直しがますます必要になっています。

改正個人情報保護法のポイント

サービス内容

個人情報保護コンサルティングでは、改正個人情報保護法の内容を踏まえ、プライバシーを保護しセキュリティを確保するために、様々なコンサルティングサービスを提供します。

*上記のほか、お客様のご要望にあわせたコンサルティングを提案させていただきますので、まずはご相談ください。

ソリューション・製品一覧へ