概要

本人確認に使用する社員証、入館カード、保護者カードなど、入退管理用IDカードの顔写真に埋め込んだ 「電子透かし※1」によって認証を行うシステムです。入退の際には、IDカードの顔写真に埋め込まれた 「電子透かし」からID番号を検出し、認証結果を音声とPC画面でお知らせします。ICカードとは異なり、
名刺サイズ用紙に対応したプリンタを使ってプリントする方式なので、IDカードが簡単・低価格にその場で作成できます。
※1 情報をある種の模様として画像全体に埋め込む技術。本製品にはNTT研究所が開発した技術を使用しています。

特徴

● 電子透かしのセキュリティにより、他人がカードを作成することができません。
● 顔写真に電子透かしを入れるため、顔写真のすげ替えができません。
● 簡単・低価格で作成可能なため、短期利用の使い捨て感覚で使用できます。
● 市販のプリンタ、PC、USBカメラを使用して、その場でカードが発行できます。

 (注) カードをコピーしたものでも、認証ができてしまいます。

利用シーン

● 企業などの来訪者向け入館カードとしての利用
● 工事現場や派遣社員など、入れ替わりの激しい職場での入館カード、社員証としての利用
● スポーツクラブやカルチャスクールの会員証としての利用
● 幼稚園、小学校などの保護者カードとしての利用

機能

■カード発行
 ・その場での顔写真撮影発行
 ・CSVファイルによる複数人数分カードの連続発行
 ・カード上の顔写真、所属、氏名の配置、大きさなどのデザインを変更可能
■入退認証
 ・カードの認証結果を音声と画面でお知らせ
 ・自作したWAVE音声ファイルへの置換えが可能
 ・顔写真のカメラ映像で本人確認
■入場中参照
 ・現在入場中の来訪者の一覧表示
■カード変更
 ・ID指定、部分一致氏名検索、カード読取で対象特定
 ・再発行、情報変更、無効化、廃止
■ID管理
 ・使用状況参照、無効化ID復活、ID追加
■入退履歴
 ・入退情報をCSVファイルに記録

・ノートPCの場合は、ノートPCを受付側に向け、追加のディスプレイ、キーボード、マウスを来訪者側に向ける使い方もあります。
・Windows、Windows Vista、Windows 7は米国Microsoft Corporationの登録商標または商標です。

動作環境

区分 要件
OS Windows Vista、 Windows7 (いずれも32bit)
カード発行/変更用カメラ USB 2.0、ミラー反転機能付を推奨
入退認証用読取カメラ USB 2.0、ミラー反転機能付を推奨
プリンタ 名刺サイズまたはカードサイズ用紙対応
アンプ内蔵スピーカ 音が小さい場合に使用

・ノートPCの場合は、ノートPCを受付側に向け、追加のディスプレイ、キーボード、マウスを来訪者側に向ける使い方もあります。
・Windows、Windows Vista、Windows 7は米国Microsoft Corporationの登録商標または商標です。

ソリューション・製品一覧へ