ACTCenter

idoperation CSLGuard×ActCenter

概要 役割 活用例

概要

ID管理システム「ACTCenter(アクトセンター)」は、今までサーバやシステムごとに管理していたID情報を一括管理します。異なるOS、データベースで管理されているID情報を一括管理し、複数システムへのIDやパスワードの作成/変更/削除操作であっても同一の管理画面から操作可能となります。IDのセキュリティポリシー統一、不要IDチェック、定期的なパスワード変更など、セキュリティ向上とともに、運用管理にかかるコスト削減を実現します。
⇒「CSLGuard」製品ページへ)
シングルサインオンシステムCSLGuardを組み合わせることで、「ID管理/認証」をより確実に、そして効率的に管理することが出来ます。あわせて参照ください。

役割

お客様の業務に合ったシステム提供

ACTCenterでは、IDの作成から削除までを一括して管理することが可能です。ひとつの管理画面ですべての管理対象サーバ・システムのID情報を一元管理し、IDの作成、変更(パスワード変更)、削除を随時行うことができます。WEB画面からの操作だけではなく、CSVファイルを活用した一括登録・変更も可能です。
スケジュール機能を活用し、あらかじめ利用が多い時期には、スケジュールでID作成の設定やパスワード変更の設定をしておくことができます。

ID利用申請・承認(特権IDのみ)

特権IDを利用する際、ACTCenterのワークフロー機能を活用し、ID利用申請を行うことができます。作業者が申請書を起案し、その内容を承認者が承認・ID貸し出しの設定を行うことで、作業者には指定した時間・指定したサーバにアクセス可能なIDが提供されます。ACTCenterのワークフロー機能経由でIDの貸し出しを行うため、作業者による作業申請の徹底を図ることができます。
また、煩雑になりがちな紙のID利用申請書の管理が、ACTCenterで一括管理できるため、管理の効率化を図ることができます。

ログの突合せ(特権IDのみ)

アクセスログを取得したいサーバに対して、ACTCenterのログ取得用Agentを搭載することなく、サーバへのアクセス履歴を取得することができます。単にアクセス履歴を取得するだけではなく、ワークフローでのID利用申請書とアクセスログを突合せて、不正なアクセスの有無を確認できます。不正アクセスの有無をアクセス結果から随時チェックすることもでき、監査のための定期的なレポートとして出力することも可能です。

活用例

統合ID管理として「社員」のID管理

OS:Windows,UNIX,Linuxなど  LDAP:ActiveDirectoryなど  各種AP:Oracleなど

特権ID管理として「内部統制」「監査」

ACTCenterは特権IDの利用申請から貸出までの申請業務、定期的なパスワード変更や棚卸などのID管理業務、さらには操作ログの蓄積とそのモニタリング業務までのサイクルがシームレスに行えます。

製品動作環境

ACTCenter バージョン5.9

対応OS ・Windows Server 2008 / 2008 R2
・Windows Server 2012 / 2012 R2
・Windows Server 2016
・Red Hat Enterprise Linix 4,5,6,7
※仮想環境上のOSに構築することも可能です。
※この他のUpdateについては、お問い合わせください
CPU 2.0GHz 以上のプロセッサデュアルコア以上
メモリサイズ 2GB以上
ディスク 40GB 以上の空き容量 (ログファイル容量は除く)
その他 以下のデータべース製品が必要です
・OracleDatabase11g R1 SE / SE One
・OracleDatabase11g R2 SE / SE One
・OracleDatabase12g R1 SE / SE One / SE 2
・OracleDatabase12c R2 SE 2

ID管理対象

対応OS ・Windows
・RedHat Enterprise Linux
・SUSE Linux Enterprise Server
・IBM AIX
・Oracle Solaris
・HP-UX
対応ディレクトリ ・ActiveDirectory
・Open LDAP
DB ・Oracle Database
・SQL Server
・PostgreSQL
・MySQL

NW機器のIDや運用管理製品のID等、上記以外の対象につきましても多数実績がございます。
御要望に応じて対応できる可能性がございますので、お気軽にお問い合わせください。

ソリューション・製品一覧へ