8Kを超える超高精細画像に対応
遠隔地からの検査画像伝送を高速に!

近年、技術者不足や業務効率化を背景に、各種設備・インフラ保守作業などのさまざまな分野で衛星画像・航空画像・ドローン撮影画像など遠隔から撮影した画像を活用するケースが増加しています。しかし、これらの高解像かつ大量の画像データを遠隔の撮影地から送るには外部記憶媒体に保存して送るなど伝送に時間がかかることや、記憶媒体の紛失などによる情報漏洩のリスクがあり安全面で問題がありました。


 NTTテクノクロスのSmartFileUploaderは、NTT研究所が開発した画像圧縮ライブラリに8Kを超える超高精細画像への対応や可逆圧縮機能など保守作業に必要とされる機能を追加し、大量の画像を圧縮して安全に効率的に転送するソリューションです。用途に応じて、クラウドストレージと連携したGUI版とファイル圧縮機能に限定したCUI版をご用意しています。

特長

ポイント1 高画質なままファイルサイズを十分の一以下に圧縮

映像向け圧縮技術のHEVCを静止画向けとして採用するだけでなく、静止画に特化したチューニングを行うことで、JPEGで圧縮された画像データやTIFF(非圧縮データ)を高い画質を保ったまま約十分の一以下のファイルサイズに圧縮可能となりました。また、圧縮による画質低下が気になるユーザーのために画質を完全に復元できる可逆圧縮機能も搭載しています。

ポイント2 8Kを超える超高精細画像に対応

点検など保守作業では、微細な変化をとらえるため8Kを超える超高解像度の画像が要求されることがあります。SmartFileUploaderでは、放送や映像配信サービスでは利用されない8Kを超える解像度にも対応しています。

ポイント3 圧縮と転送を同時に行い時間短縮

GUI版では、クラウドストレージと連携してファイル転送と圧縮処理を同時に実行することで、転送時間を大幅に短縮します。また、クラウドストレージからのダウンロード、元の画像フォーマットへの復元なども自動的に行うことが可能で、効率的に作業を進めることができます。

主な機能

大量の画像データをまとめて圧縮

 画像ファイルが格納されているフォルダと圧縮率を指定するだけで、圧縮を開始します。GUI版では、圧縮しながらクラウドストレージへの転送を同時に行えます。

クラウドストレージと連携

 GUI版は、クラウドストレージ「box」と連携し、圧縮したファイルを自動で伝送します。

プライベートストレージへのアクセス

 CUI版は、ユーザー指定のフォルダに圧縮したファイルを書き込み、読み出しします。したがって、「Box」以外のクラウドストレージやプライベートストレージ等を介して高速に伝送することが可能です。
 また、ユーザーのプログラムからCUI版SmartFileUploaderを起動することもできます。

EXIFなどのメタデータも保存

画像ファイルには、撮影日時や場所などの多くのメタデータが記録されています。圧縮の際、点検作業等に必要なメタデータも一緒に転送するので、ダウンロード時にメタデータも復元されます。

仕様

動作環境

CPU SSE2以上に対応のIntel互換のCPU(AVX2対応推奨)
メモリ 8GB以上
対応OS Microsoft Windows 10 64bit版
製品構成 アプリケーション DVD(インストーラ、マニュアル)
ファイルフォーマット JPEG、TIFF*1
最大解像度 12800 x 12800*2
クラウドストレージ Box*3

※1 近日対応予定
※2 最大解像度は、利用可能メモリサイズにより変動します
※3 Box
全世界で7万4,000社以上が利用する企業向けのコンテンツ管理プラットフォーム。社内外の顧客、パートナーと迅速かつセキュアにファイル共有が可能。製品HP(https://www.ntt-tx.co.jp/products/box-solution/
※ファイルフォーマットやクラウドストレージサービスは、ご要望に応じたカスタマイズが可能です。

価格

お問い合わせください。

資料ダウンロード

SmartFileUploader(スマートファイルアップローダ)パンフレット 1.2MB

関連商品シリーズ

ソリューション・製品一覧へ