標的型サイバー攻撃などの情報セキュリティ事故などを背景にセキュリティ・コンプライアンスの重要性は高まっています。また、クラウドサービスの利用が急速に進む中、「クラウドのセキュリティ対策はどうすればよいのか」、「クラウド利用時に、特権ID管理やアクセス管理はどう対策すればよいのか」など、クラウドにおけるセキュリティ対策に悩みがあり、なかなか導入ができない企業も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社様をお招きし、AWSクラウドの最新動向や、AWS で検討すべきセキュリティ対策のポイントについてお話しいただきます。また、AWSなどクラウド環境でも活用できる特権ID管理「iDoperation」について活用例も交えて紹介します。

【大阪開催】AWSの活用で検討すべきセキュリティ対策と特権ID管理の勘所
名称 【大阪開催】AWSの活用で検討すべきセキュリティ対策と特権ID管理の勘所
日時

2019年1月18日(金)
14:00~16:00(13:30より受付開始)

開催地

アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 大阪支社
〒 530-0005
大阪市北区中之島 3-3-3 中之島三井ビルディング 25F

交通アクセス

京阪中之島線「渡辺橋」駅 3 番出口徒歩 1 分
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅 4 番出口徒歩 2 分
地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅徒歩 8 分
JR 線「大阪」駅徒歩 12 分

主催

NTTテクノクロス株式会社

共催

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

対象

・特権ID管理やクラウドのセキュリティに課題を持っているお客様
・AWSを利用/検討しているが、運用設計やセキュリティに課題を持っているお客様
・クラウドの特権ID管理やアクセスコントロールを検討しているお客様
・セキュリティ商品を紹介するSI企業様

定員 50名
参加費 無料/事前登録制
お申し込み方法

NTTテクノクロスサイトのイベントページにて、お申込みください。以下の申し込みページは、NTTテクノクロスのセミナー申込サイト(社外サイト:ListFinder)にリンクします (ListFinderは、株式会社イノベーションが提供しているクラウドアプリケーションです)。

お申し込みはこちら

・お申込み多数の場合は、抽選とさせていただく場合がございます。
・お申し込み後のキャンセルや参加者のご変更等は下記お問い合わせ先までご連絡ください。
・同業他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。

お申し込み

プログラム

【大阪開催】AWSの活用で検討すべきセキュリティ対策と特権ID管理の勘所
14:00-14:50

AWSクラウドの最新動向と最低限押さえておきたいAWSのセキュリティポイントとは

現在、多くの企業でクラウドサービスの利用が加速しています。積極的な活用が拡がる一方で、「セキュリティの不安」も多く耳にします。本セッションでは、AWSが提唱する「共有責任モデル」という考え方に基づき、クラウドサービスを利用する際に、最低限押さえておきたいセキュリティ対策のポイントをID・アクセス管理に焦点を当てて解説します。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

14:50-15:00

休憩

15:00-15:40

クラウド時代に企業は特権IDをどう管理すればよいのか?
  クラウドの特権IDをセキュアに管理するためのポイントとiDoperationの活用例

特権ユーザによる内部不正や、標的型サイバー攻撃、特権ID管理関連の法令・ガイドラインへの対応として、特権ID管理のご相談を頂く機会が増えています。また、クラウド利用が拡大する中で、クラウドの特権IDをどう管理すべきか、セキュリティ確保のご相談も増えています。
本セッションでは、AWSなどのクラウド環境で推奨する特権IDの効率的な管理方法について、最新の特権ID管理ソリューション「iDoperation」を交えてご紹介します。

NTTテクノクロス株式会社

15:40-16:00

質疑応答・相談会

※内容は変更になる場合もございます。 あらかじめご了承ください。

※セミナー名「AWSの活用で検討すべきセキュリティ対策と特権ID管理の勘所」を明記の上、お問い合わせください