BankingGate for eBAgent

概要

 マンション管理で業界をリードする大和ライフネクスト株式会社。収納口座の管理にNTTソフトウェアのBankingGate for eBAgentを活用している。従来は手動で行ってきた入金確認・振込指示、取得した入出金明細データの基幹システムへのアップロードを完全自動化し大幅な業務改善を実現した。

課題

Phase 1 手動での入出金明細データの取得が業務の大きな負担に

 マンション管理に欠かせない業務に「マンション会計」がある。大和ライフネクスト株式会社では毎朝、約2万口座あるマンション管理組合の収納口座から入出金明細データを取得している。しかし、1回の操作でデータを受信できる口座数に制限があるため、入出金明細データの取得を完了するには10回程度のデータ受信操作が必要だった。取得したデータはその都度、手動で基幹システムにアップロードしなければならなかった。

 通常問題がなければ午前8時45分に開始し10時半までに入出金明細データを取得できたが、回線障害などでデータの取得が中断されてしまうと、正午を過ぎても取得できないことがあった。それが業務上の大きな負担になっていたと同社のマンション会計部 資金課の飯澤塩子課長は当時を振り返る。

 「毎朝、金融機関から入出金明細データを取得する専用端末に担当者が張り付いて、データが取得できているか見張っていなければなりませんでした。その間、担当者は本来の業務が行えません。業務を管理している私も毎日『今日は問題なく取得できるのだろうか』と心配がつきませんでした」と語る。

解決へのアプローチ

Phase 2 入出金明細データの自動取得・基幹システムへの自動連携で大幅に業務効率UP

人物 同社の情報システム部ではこの問題を解決するため、もっと信頼性の高いパッケージソフトを導入したり、金融機関とホスト接続できないか検討した。しかし、パッケージソフトではそれまでの運用と大きな違いがなく、金融機関とのホスト接続ではシステム構築や維持に多大なコストがかかるため、導入を断念していたという。転機となったのは、WindowsXPの サポート終了だ。Windows7への切り替えが必要となり、業務で使うパソコンに金融機関が提供するソフトウェアの導入を検討したところ、基幹システム側でも改修が必要なことが分かった。今後、Windowsのバージョンが上がるたびに基幹システムの改修コストが発生するのではないかという懸念が浮上してきたとき、NTTソフトウェアから提案されたのが BankingGate for eBAgentだった。同社の情報システム部の大西雄三部長は導入の決め手について次のように語る。
 「一番は、人手を介して入出金明細データを取得していたのを自動化できることでした。従来よりも安全・確実に金融機関とデータの授受が行えるようになると思いました

 大西部長は、BankingGate for eBAgentの導入によって、入出金明細データの取得から基幹システムへの反映まで、ほぼ自動化できたという。動作の信頼性、NTTソフトウェアからのサポートも頼もしかったと強調する。
 「入出金明細データが自動的に取得されて、問題なく基幹システムにアップロードされたときは感動しました。また、私たちの基幹システムの障害により入手出金明細データが取得されないことがありましたが、NTTソフトウェアの迅速な対応により、事なきを得たことが強く印象に残っています

 同社が導入したBankingGate for eBAgentは、回線障害や回線混雑などの状況を操作者に代わり判断し、リトライや管理者への通知などを自動化。これにより高い信頼性を確保している。

ソリューションとその成果

Phase 3 業務の効率化と万全なセキュリティ機能でお客様の信頼も獲得

人物 BankingGate for eBAgentの導入前後で、マンション会計部 資金課の業務はどのように変わったのだろうか? そんな問いに飯澤課長は、口座のデータの取り込みを意識すること がなくなったと教えてくれた。
 「しばしば数時間たっても終わらなかった口座のデータ取り込みが、一瞬のうちに終わるようになりました。問題が起きる心配がないので、パソコンの画面で確認するだけです。専用端末にずっと張り付いている必要がなくなったので、本来の業務に時間を割けるようになりました

 同社は同じグループの企業と合併し、業務統合に取り組んでいる。そちらに時間を取られるため、入出金明細データの取り込みが一瞬で終わるようになったのは朗報だった。

 マンション会計部の西孝子部長は、予想外の導入効果もあったという。あるマンション管理組合の理事長から「御社業務のセキュリティ対策は大丈夫か? BankingGate for eBAgentのような製品を使っているか?」と問い合わせを受けたのだ。
 「理事長様の口からBankingGateの名前が出るとは驚きでしたが、私たちはお客様の大切な管理費をお預かりしています。それだけに、データの管理方法や、セキュリティに対する目は厳しいものがあります。そんなとき、当社の営業担当は『BankingGate for eBAgentを使用しているので安心です』と自信を持って説明できます

 BankingGate for eBAgentは、ユーザ認証、秘匿データおよび回線暗号化などのセキュリティ機能を標準装備。これによりお客様へ高い安心感を提供している。

 同社では今後、BankingGate for eBAgentの機能により、入出金明細データを取得できる金融機関を増やしていく予定だ。
 「NTTソフトウェアには、さらなる利便性と信頼性を提供するソリューションの提案を期待している」と大西部長は語った。

Key Technology

お客様プロフィール

 お客様プロフィール
設立 1983年
資本金 1億3010万円
社員数 6,996人
事業内容 マンション管理事業ほか
URL http://www.daiwalifenext.co.jp/

※2016年3月現在

※ ここに書かれた情報は、2017年3月時点の情報です。
  NTTソフトウェア株式会社は、2017年4月1日よりNTTテクノクロス株式会社に社名を変更しました。

※ ページに記載した会社名、製品名などの固有名詞は、一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。